次回の更新までしばらくお待ちください!

厦門の新しいランドマーク:厦門双子塔(アモイツインタワー)にある「雲上厦門観景庁」のご紹介|コロンス島や厦門の全貌が俯瞰できる人気スカイビュースポット

コロンス島や厦門の全貌が俯瞰できる人気スカイビュースポットがあります。それは、厦門の新しいランドマーク:厦門双子塔(アモイツインタワー)の55階にある「雲上厦門観景庁」です。厦門旅行の行くべきスポットランキング上位としてよく紹介されています。

厦門双子塔(アモイツインタワー)とは?

2015年7月からオープンした「厦門双子塔(アモイツインタワー)」

2つの独立したタワービルの構造で、外形的には巨大機帆船と似ているので、厦門市内で非常に目立つ存在。また、厦門市花の「三角梅|テリハイカダカズラ」の視覚要素も取り入れているそうです。

高さ300メートル厦門では最も高い超高層建物になっています。現在は、すでに厦門地元の新しいランドマーク的な存在となっています。

ヒルトンの最上級ホテル:コンラッドアモイのほか、ビジネスオフィス、商業施設など入っています。

ちなみに、厦門双子塔の建設費用はなんと50億元(=約812億円)もかかったとのことです。

「雲上厦門観景庁」のご紹介

今回メインにご紹介したいのは、厦門の新しいランドマーク:厦門双子塔(アモイツインタワー)の55階にある「雲上厦門観景庁」です。

入り口は、厦門双子塔のB塔(B棟)にあります。商業施設の中に入るではなく、外側のほうには入り口となっています。

ここ入り口に入って、エスカレーターを降りたところで、チケット購入できる窓口が見えてきます。

改札口みないにチケットをかざす形での入場。

その後、インスタ映えスポットや施設歴史の紹介です。

その後、地上エレベーターに向かう前に撮影サービスが受けられます。写真印刷ご希望の場合、のち「雲上厦門観景庁」で記念写真を購入することも出来ます。料金は1枚150元(約2430円)です。デジタルデータも送ってくれますが、WeChatがあると対応スムーズかもしれません。

早速、「雲上厦門観景庁」行きのエスカレーターを向かっていきます。

1秒ごとに約6メール移動ができる超高速エレベーター!日本の大手メーカー:日立製。

それでわずか45秒ぐらいの時間で地上から約270メートルも離れている55階の「雲上厦門観景庁」に到着!

この通り、360°でどこの方面からも厦門全貌が眺めることができます!

透明ガラスからのスカイビュー!非常に絶好の空中俯瞰スポットではありませんか?

望遠鏡も用意してあります。QRコード決済の模様。台湾海峡まで眺めるらしい。

また厦門双子塔の別タワーも近距離で見れます。本当にでかすぎる!

「雲上厦門観景庁」では、記念品の販売も、カフェなどの飲食店も、VR体験コーナーもあります。

更に上の58階には、台湾海峡まではっきりと眺める露天展望台となります。冬の時期、外の気温も寒く、風も強いですが、上に登ることがちょっと無理でもありました。ほかのシーズンなら機会があれば、ぜひ行きたいですね。

実はそこには、さらなる絶景や、超楽しいアクティビティ「空中漫歩桟道」が待っているからです!こちらもオススメの一つです。

保護フェンスもアートレスも無く、厦門双子塔の頂上の外側に立てる!まさしくスリルに富んでいるやばいスポット:雲上にある厦門展望台です!

こういった体験も撮影もきっと思い出になるでしょう!

※画像出典:馬蜂窩旅行サイトのユーザー投稿より

「雲上厦門観景庁」の行き方|アクセス方法|入場料金|開放時間

  • 住所:福建省厦門市思明区大学路177号
  • 入場料金:120元(約1950円)※インターネット予約の場合、100元(約1620円)
  • 開放時間:9時~20時 ※連休の祝日に限って、21時まで延長
  • 最寄りバス駅:「厦大医院駅」

※58階「露天展望台」はプラス20元(約320円)の入場料が必要です。
※「空中漫歩桟道」は更にプラス80元(約1300円)の利用料が必要です。
※身長1.1メートル以下の小人(子供)は入場料無料です。

まとめ(感想)

厦門旅行には、絶対行くべき観光スポット:厦門の新しいランドマーク・厦門双子塔(アモイツインタワー)にある「雲上厦門観景庁」のご紹介でした。

ほか厦門旅行の参考記事も合わせてご参考に!

【東京成田~厦門】ANA NH935便|ビジネスクラスの搭乗体験記|近距離機材のエアバス A320neoはビジネスクラス=プレエコの感覚だった! 【ホテル宿泊記】ヒルトンホテル厦門|Hilton Xiamen(廈門磐基希爾頓酒店):パラゴンショッピングモールと直結の高級ホテルに大満足! 【厦門の地下鉄情報】アモイメトロ|厦門地鉄 1号線の乗り方について。初乗り運賃が2元(=約30円)という激安価格! 厦門の南普陀寺|Nanputuo :中国福建省の一番栄えている名刹(有名寺院)に行ってきました!南普陀寺の良いところをまとめてご紹介します。 昔懐かしい中国の時代風情が感じられる厦門の観光スポット「舊物倉」(古物倉庫)とは?タイムスリップな気分で往日の厦門を味わえるオススメ場所です。 厦門のもっとも芸術的な人気漁村「曾厝垵|ZengCuoAn Village」厦門地元のグルメやおしゃれ雑貨など全てここにあります!

コメントを残す