次回の更新までしばらくお待ちください!

普段乗っている電車は外国人視線だと違って見えたお話。JA、JS・・・等々、何の電車を指す?首都圏の電車路線名の英語表記を2020東京オリンピックまでに覚えましょう!

普段、何気なく乗っている電車ですが、実は、外国人視線で違って見えることもあります。
これは先日、経験した大したこともないお話ですが、一応面白かったので、記事にしてみました。

ある日、駅ホームでいつもの仕事帰り道で、埼京線の利用をすることに。
湘南新宿ラインが先に到着しているので、後に来る埼京線に乗ろうかと、 そう思ったところで、突然、となりに居る外国人に電車の乗り方を聞かれました。

その外国人の口から「新宿に行きたいですが、ここのホームにはJAっていう電車で良いですか?」という英語が出てきました。

ええと、新宿行きの電車が探しているようですね、
JA電車のこと?それって、なんの電車だろう?
そもそも「JA」って農協のことじゃないか。うーん、なんで 農協のことを聞かれたんだろう、
(JAは農業協同組合のことをご存知かと思いますが、)

自分の動揺している姿を見て、その外国人が、親切で駅の案内看板を指さして、「あのJAのこと」と英語で答えてくれました。

それで、その案内看板をじっくり見たら、どうやら「埼京線」の英語表記が「JA」になっていることが判明しました。

なるほど!!駅ナンバリングで使われる路線記号 その英語表記は、外国人に注目されています!
君は、新宿行きの埼京線に乗りたいというわけですね!

ようやく理解した自分w

埼京線は、次の電車で来るので、数分間を待たないといけないですね。待ってもらおうかなと思いましたが、目の前に来ている電車:「湘南新宿ライン」が目に入ったので、 そういえば、埼京線と同じく新宿まで行けるじゃん!あっ、でも今から乗ってもらわないと!

「いまの電車は、湘南新宿ラインです。新宿まで行けますよ!」って英語で返してあげるつもりですが、さすがに、電車名の「湘南新宿ライン」という日本語だと、その外国人に通じないでしょうね。

その時、改めて駅の案内看板を見たら、湘南新宿ラインの英語表記が「JS」になっていることに気づき、 そうだ!「JA」は「埼京線」で、「JS」は「湘南新宿ライン」じゃありませんか。

よし、「JS」と伝えよう!きっと通じるはずです。

それで、英語で「いまの電車はJSですが、新宿にも行けますよ」と伝えたら、なぜかOKみたいな顔で、通じたみたいです。そのまま、湘南新宿ラインに乗って笑顔でバイバイ!

これで無事、問題解決!

今回の経験からみると、 普段、乗っている電車が埼京線とか、よく目にした日本語の電車路線名ですが、実は、旅行にしてくる訪日外国人から見ると、路線記号=英語表記での識別となっているようですね。

日本の電車路線名は、路線記号=英語表記がある一面ですが、日本人や日本に生活している在日外国人にとっては、馴染みがないことでもありました。これから来る2020東京オリンピック。世界各国から大勢の外国人が来るわけですから、東京都内の電車路線名の英語表記(路線記号)をあらかじめ知っておくと良いかもしれませんね。この経験からそう受け止めて感じましたww

それで、埼京線=JA 湘南新宿ライン=JS と、今わかりましたが、念のために、ほかの首都圏電車の路線記号(英語表記)を調べてみました。

  • 山手線=JY
  • 中央線快速電車=JC
  • 中央・総武線=JB
  • 京浜東北線=JK
  • JR東海道線=JT
  • JR常磐線=JL
  • JR京葉線=JE
  • 東急東横線=TY
  • 東急田園都市線=DT
  • 東急目黒線=MG
  • 東急世田谷線=SG
  • 東武スカイツリーライン=TS
  • 東武東上線=TJ
  • 西武池袋線=SI
  • 西武新宿線=SS
  • 小田急線=OH
  • 京王線=KO
  • 京王井の頭線=IN
  • 京急線=KK
  • 京成本線=KS
  • つくばエクスプレス=TX

ちなみに、JR東日本の電車の場合、みんな、最初の頭文字が共通の「J」で二つ目の英語アルファベットだけが異なっていますね。

覚えやすいかのように、覚えられないかもしれませんが、 まだ残り1年ぐらいですので、とりあえず、普段いつも乗っている電車の名前から、今から覚えても遅くはありませんね!ww

以上、普段乗っている電車は外国人視線だと違って見えたお話のご紹介でした。電車路線名の英語表記(路線記号)は意外と使う道があることが分かりました。訪日外国人のために使われているので、世界を歓迎にしている電鉄会社さんの工夫と努力に感謝ですね!

コメントを残す