次回の更新までしばらくお待ちください!

中国のローソンが炎上中!床に落ちたおでんを水道水で洗って再販売?!

「おでん」は、中国人に馴染みがある日本料理の一つです。
日系コンビニだけではなく、中華系コンビニでも現地の店内でよく販売されています。中国語では、「关东煮(guān dōng zhǔ)」という愛称として知られています。いわゆる「関東煮」というネーミングです。

実は、新年早々で中国のコンビニチェーン店・ローソンで販売されている「おでん」は、なんと日本では考えられない炎上事件が起きてしまいました!

▼中国ローソンのおでん炎上事件の経緯

2021年1月4日(月) 中国・北京にあるローソン加盟店(ローソン北京高碑店)で、おでんを注文したお客さんが中国SNS(Weibo)で問題の動画をアップして、中国ローソンのおでん事件が発覚されました。

なんと、ローソンの店員さんが床に落ちたおでんを水道水で洗って、そのまま、販売中のおでん鍋に平気に戻したと目撃したとのことです。

問題の動画はこちら↓です。

※中国のSNSから引用しています。

?????!!!!!

それってあり得ないでしょう!

理解不明のお客さんが怒って、ローソン店員さんに問いかけてみたら、なんと衝撃な回答が返ってきました。

「毎日、店内の床を拭いているから(キレイでしょうよ!)」と堂々と訴えたらしいです。

中国らしいお見事な反論をいただきました!

昔、日本のコンビニでは「バイトテロ」のような炎上事件はしょっちゅうありましたが、中国ではそういうのが珍しいなぁと思ったら、案内、堂々とやることがあるのですね。ちょっと衝撃でした。

一応、こちらのローソン加盟店に対して、中国のローソン側からその後、徹底調査すると声明を出されました。

これで、問題店舗でのおでん販売が中止となりました。

単なる一店舗の店員教育不足に留められれば良いのですが、現地の共通的な商売習慣だったら、ちょっと怖いですね。
いくら水道水で洗ったから、キレイになるので再販売は問題ないでしょう、という理屈は、どの国でも通用しないと思いますね。

もしかして、その店員さんが「3秒ルール」を知ってて実行したかなぁ??ww
いや、いや、自宅の料理じゃないんだから、さすがに「3秒ルール」的なやり方は勘弁してほしいですね。

はい、新年早々で、中国の「あるある!」記事でした。今年(丑年)は良い年になるように!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です