次回の更新までしばらくお待ちください!

韓流ドラマ『愛の不時着』でも見られた、韓国人がキムチ好き!その理由とは?

韓国といえば、KPOPや韓流ドラマ、キムチなどの代名詞が浮かべるではないでしょうか。
特にキムチですが、韓流ドラマ『愛の不時着』でも見られた韓国人の国民的な、象徴的な食べ物ですよね。
今回の記事では、韓国人がキムチ好きな理由について紹介したいと思います。

韓国人にとっては、キムチは単なるおかず的な食べ物の存在ではありません。韓国人らしい意味のあるパワー的な存在でもあり、韓国文化の集大成的な表れでもあると言われています。

歴史的には、冬の時期は、韓国では期間が長くて、気温も寒いことから、食べられる野菜をうまく育つことができませんでした。昔の韓国(当日は朝鮮国)では、国民もほとんど貧しい生活を送っていたこともあって、寒い冬に備えるために白菜などの野菜を塩漬けてやり過ごそうとしたそうです。こういった生活環境で生きるために、韓国人が工夫した最適な食べ物は、キムチとして代々受け継がれてきたわけです。

一方、朝鮮時代の韓国では、中国本土からの影響が非常に大きくて、食を含める中華文化も庶民生活までに強く変えていました。ただ、韓国人は、古くから、自国文化を大事にしたいという意思が他国よりずっと強くて、次第にキムチが韓国食文化の中に独特な象徴的な存在として、認識することになり、結果、キムチを食べるのは、韓国人の食習慣として定着されることになりました。

どの国もそうですが、習慣が一度身に付けると、なかなか変えられないものです。
韓国の財閥や金持ちから、一般国民まで、食事には、必ずキムチを欠かしてはいけないです。韓流ドラマ『愛の不時着』でも見られたように、韓国人がキムチ好きです!

ある統計データによると、韓国人は、一人当たり、毎年だいたい35キロのキムチを消費しているそうです。

体に良い、栄養素が高いと見られるキムチは、韓国人にとっては、韓国料理の代名詞でもあり、韓国文化と韓国伝統の代名詞とも言えるでしょう。
とにかく、キムチ好きな韓国人は、これからも韓流ドラマ『愛の不時着』のように、キムチを食べ続けていくでしょう!

※本記事の内容はあくまで一説であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です