次回の更新までしばらくお待ちください!

在日中国人が香港旅行!日本の中長期滞在ビザお持ちの中国人:香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請まとめ!

こちらの記事では、現在、日本に住んでいる、日本の中長期滞在ビザ(就労ビザ、留学ビザなど在留資格)お持ちの中国人向けに、在日中国人が香港旅行する際、香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請書類・申請場所・申請時間・申請手続き・申請費用・申請期間についてまとめてご紹介しています。
香港旅行以外の目的、たとえば、香港へのお仕事出張、ビジネス目的の商用訪問なども「香港進入許可(香港滞在ビザ)」の申請が必要です。合わせて参考に読んでみてください。

ノービザでも在日中国人が香港旅行に行ける?!

在日中国人が香港進入許可(香港滞在ビザ)申請不要のケースがあります。
次ぎの条件が揃えば、在日中国人だって、わざわざ香港進入許可(香港滞在ビザ)を申請しなくても、ノービザ(香港進入許可の申請無し)でも香港旅行に行けます!

  1. 有効な中国パスポート
  2. 日本国が発行した有効な在留資格(就労ビザも留学ビザもOK)
  3. 香港滞在日数が7日間以内
  4. 香港経由で次ぎの目的地(日本以外の国・地域)までの航空券

「香港入境許可(香港滞在ビザ」の申請が免除される詳細内容に関しては、こちらの記事を読んでみてください。

ノービザでも在日中国人が香港旅行に行ける?!在日中国人が香港進入許可(香港滞在ビザ)申請不要の条件についてご説明します!

【参考情報】香港旅行の関連記事について

一部読者のご要望で、まず記事の冒頭に香港旅行の際、ご参考になる関連記事をまとめてみました。こちらと合わせて読んでみてください。
香港までの飛行機の搭乗記、香港空港のラウンジ、香港のインスタ映えスポット、香港の地元グルメ、香港の宿泊情報などです。コメントも募集しています!

【東京羽田~香港】香港エクスプレス航空UO625便の搭乗体験記。早朝便のLCCには絶対に乗らない方が良い! 香港国際空港のアメックス・センチュリオンラウンジ(The Centurion Lounge)体験レポート。本格カクテルが飲める空港ラウンジは本気で最高! 【空港ラウンジ体験記】香港空港のシンガポール航空ラウンジのご紹介編 香港の人気インスタ映えスポット「彩虹邨|Choi Hung Estate」に行ってきました!まるで童話の世界に住んでいる香港住民が羨ましい! 香港の人気インスタ映えスポット「怪獣大廈」(モンスターマンション)に行ってきました!映画『トランスフォーマー』のおすすめロケ地ですよ! 香港の屋台スイーツ「鶏蛋仔(ガイダンジャイ)」とは?ミシュラン認定の名店「利强記北角鶏蛋仔」が美味しくてオススメですよ! 【ホテル宿泊記】ザ ミラ 香港 ホテル|The Mira Hong Kong Hotel(九龍美麗華酒店):チムサーチョイ(尖沙咀)観光に便利なホテル! 【ホテル宿泊記】ホテル インディゴ 香港島(Hotel Indigo)宿泊体験レポート 【ホテル宿泊記】香港富豪機場酒店|リーガル エアポート ホテル(Regal Airport Hotel):香港空港直結でアジア最大級の音楽授賞式「MAMA香港」(アジアワールド・エキスポ)にも行きやすいホテル! アジア最大級の音楽授賞式「MAMA」とは?2018 MAMA香港の現場様子|MAMA香港のチケット購入情報|2019 MAMAの開催予定

在日中国人の香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請提出書類

「中華人民共和国駐日本大使館」の公式HPによりますと、下記の申請提出書類が必要です。

参考 【公式HP】中国大使館:香港進入許可http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/hzqzyw/t938301.htm
  1. 記入済みの「来港旅行・過境申請表」※中国大使館にて原本記入もしくは、WEBからダウンロードしての記入
  2. 申請者の旅券原本と写真ページのコピー
  3. 6ヵ月以内に撮影された証明写真(1枚)※サイズは縦4cm×横3cm、無帽で顔が正面向き
  4. 在留カード原本とコピー

※パスポートや在留カードの身分証明書のコピーがお忘れの場合、中国大使館内にプリンター機がありますので、当日でプリントしてもOKです。

在日中国人の香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請手数料

在日中国人の香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請手数料(1000円)は、当日で窓口にてお支払いになります。

お急ぎ申請の場合、別途、急ぎ手数料(3000円)がかかります。営業日2日後で受取可能です。

当日午後で取得したい場合、特急申請になります。別途、特急手数料(4000円)がかかります。※実際、対応してもらえるか、要検証です。

実際、香港進入許可(香港滞在ビザ)の利用回数は、中国大使館の判断によります。

各申請者の情況に応じて,3ヵ月一回,3ヵ月二回,一年間多次マルチプル,二年間多次マルチプルで毎回滞在14日までの香港入境許可を発行します.

在日中国人の香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請場所

申請者本人(もしくは代理人、旅行代理店)が管轄の大使館、各総領事館に行って申請しておいてください。

住所は首都圏エリアにある在日中国人の場合、在日中国大使館(=中華人民共和国駐日大使館・領事部)で香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請をしてください。

詳細のアクセス場所は、過去記事(↓)に書いてありましたので、よかったら参考に読んでみてください。

在日中国大使館:地下鉄六本木駅が最寄り駅です!駐日中華人民共和国大使館のアクセス情報まとめ

在日中国人の香港進入許可(香港滞在ビザ)の受付時間

月曜日~金曜日:AM9時~12時

※中国大使館の休日に要注意です。(中国と日本の休日になります)

在日中国人の香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請交付期間

通常申請の場合、在日中国人の香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請交付期間は、営業日4日間が必要です。急ぎ申請の場合、上記にも触れましたが、営業日2日間があれば、取得可能です。

最後に(まとめ)

繰り返しでのご説明になりますが、香港旅行、香港出張のビジネス目的など、香港滞在のみという場合、公式上では香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請が必要となります。その申請方法はこちらの記事でご紹介した内容になります。
一方、香港旅行、香港出張のビジネス目的など、香港経由という場合、公式上では香港進入許可(香港滞在ビザ)が免除されて、申請不要となります!こちら(↓)の記事でご紹介した内容になります。

ノービザでも在日中国人が香港旅行に行ける?!在日中国人が香港進入許可(香港滞在ビザ)申請不要の条件についてご説明します!

在日中国人は香港進入許可(香港滞在ビザ)の申請条件を間違えないように、香港旅行を楽しんできてくださいね!また何か不明点や質問などがあれば、コメント欄にて遠慮なく聞いてみてください!お答えできる範囲のみ、返事させてもらいます。もちろん、中国語の対応も可能です。

コメントを残す