次回の更新までしばらくお待ちください!

知っていた?「中華料理」と「中国料理」の違いとは?

日本の各地によくある「中華料理」ですが、中国発祥の料理だから、「中国料理」と呼んでも良いじゃないと個人的には思った時がよくありました。しかしこの前に放送した「林先生の初耳学」番組では、どうも私の愚見を遥かにぶっ飛んでくれました。

「中華料理」と「中国料理」の違いとは?

お店の看板をよく見ると、確かに「中華料理」「中国料理」をはっきり分けて書いていますね。実は、お店の料理の中身には違いがあるから、「中華料理」と「中国料理」という違う言葉を使い分けているわけです。

分かりやすく言いますと、「中国料理」とは、中国での作り方を変えずにそのまま日本でも提供している料理のことです。国境を超えても中国現地の材料や味、作り方など維持するままで出されているのは、本場の中国料理です!

一方、「中華料理」は、餃子(厳密に言えば、焼餃子)やチャーハンのように、日本人が「中国料理」をアレンジにして日本人の舌に合わせた、ほぼ日本食に近いぐらい、中身を変えた料理のことです。進化した「中国料理」が日本人のよく食べに行く「中華料理」と覚えておいたほうが良いかと思います。

まとめ(感想)

日本に来たばかりの中国人は、日本の「中華料理」を初めて食べる時、なんだか味が違う、これは中国料理じゃないと酷評していますが、上記の言葉違いの通りで、「中華料理」「中国料理」の中身はそもそも異なっているから、中国人の舌に合っていない「中華料理」の味ですので、本場の「中国料理」の味の先入観をまず捨てて、日本の料理として味見していただいたほうが良いかもしれません。

最後ですが、今度、このように「中華料理」と「中国料理」の違いを覚えてみましょう!

  • 中華料理:日本人がアレンジ
  • 中国料理:(中国)本場の作り方

ちなみに、中国人の私は「中国料理」が好きですが、日本の「中華料理」も美味しく食べています!

コメントを残す