次回の更新までしばらくお待ちください!

在日中国人がノービザで澳門旅行に行ける!在日中国人がマカオ進入手続き(澳門入境許可)申請不要の条件についてご説明します!

こちらの記事では、現在、日本に住んでいる、日本の中長期滞在ビザ(就労ビザ、留学ビザなど在留資格)お持ちの中国人向けに、マカオ進入手続き(澳門入境許可)を申請しなくても、在日中国人が澳門旅行に行ける内容についてご紹介しています。

澳門旅行以外の目的、たとえば、澳門へのお仕事出張、商用のビジネスなども適用かもしれません。ご参考までに読んでみてください。

在日中国人がマカオ進入手続き(澳門入境許可)申請不要の条件

中国政府は、香港と違って、澳門に対して非常に異例的な措置をとっているようです。

実は、在日中国人は、次ぎの条件が揃えば、マカオ進入許可(澳門入境手続き)を申請しなくても、ノービザ(マカオ進入手続きの申請無し)でも澳門旅行に行けます!

  1. 有効な中国パスポート
  2. 日本国が発行した有効な在留資格(就労ビザも留学ビザもOK)
  3. 澳門滞在日数が7日間以内

以上、これだけです。意外と、在日中国人なら誰でも澳門に旅行いけますね!

ちなみに、ノービザでも在日中国人が香港旅行に行けます。在日中国人が香港進入許可(香港滞在ビザ)申請不要の条件についてこちら(↓)の記事で説明しています。どうぞご参考に!

ノービザでも在日中国人が香港旅行に行ける?!在日中国人が香港進入許可(香港滞在ビザ)申請不要の条件についてご説明します!

最後に(まとめ)

澳門旅行(マカオ旅行)、澳門出張(マカオ出張)のビジネス目的など、マカオで7日間の滞在日数であれば、公式上ではマカオ進入手続き(澳門入境許可)の申請不要となります!

一方、マカオで7日間以上の滞在をしたい場合、事前に中国大使館での申請ではなく、

マカオで在留期限を延長したい場合は、マカオの滞在許可期限が切れる5日前にマカオ治安警察局出入境事務所にて延長手続きをして下さい。

というようにマカオ現地で「マカオ治安警察局出入境事務所(=澳门治安警察局岀入境事务厅)」にてマカオの在留期限を延長してもらえば良いでしょう。

在日中国人は7日間の澳門滞在なら、マカオ進入手続き(澳門入境許可)の申請不要です。どうか澳門旅行やマジノを楽しんできてくださいね!

また何か不明点や質問などがあれば、コメント欄にて遠慮なく聞いてみてください!お答えできる範囲のみ、返事させてもらいます。もちろん、中国語の対応も可能です。

3 COMMENTS

姗姗 赵

こんにちは!
情報を纏めて見せて頂き、ありがとうございます。
可能であれば、質問を伺いてもよろしいでしょうか。

私は就労ビザを持っている在日中国人です。勿論、中国の有効なパスポートも持っています。

今年の10月に香港とマカオを観光したいと思っていますが、申請する必要なビザについて伺いたいです。

予定としては、
①10/18 日本から飛行機で香港に行く
②10/19、10/20 香港で観光する
③10/21 香港から船でマカオに行く
④10/22 マカオから船で香港に戻る
⑤10/22 香港から飛行機で日本に戻る

日本⇨香港⇨マカオ⇨香港⇨日本の感じです。

現状としては、日本⇨香港と香港⇨日本の航空券が購入済です。それ以外、何も用意してない状態です。

ネットで調べましたが、結局、ビザを申請する必要があるかどうか、もし必要であれば、どこのビザを申請すればいいのか、理解できなかったです(苦笑)

お忙しいところ申し訳ございません、宜しくお願い致します。

返信する
林世民

10年くらい前に同じルートで旅行したことがありますが、結果として大丈夫でしたが、澳門から香港への再入境時に色々と質問されました。どうやら香港の滞在許可日数を延長することを目的としているように疑われたようです。ですので時間があれば、香港の入境許可は取っておいた方がいいと思います。

返信する

コメントを残す