在日中国人の帰化への道

日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・キャラクターのことも。

アロフト・ソウル明洞ホテル(Aloft Seoul Myeongdong)のレストランで朝食をとってみた!

f:id:myhitachi:20180805105726j:plain

先日、公開したアロフト・ソウル明洞ホテル(Aloft Seoul Myeongdong)の宿泊体験レポートに続き、こちらのホテルで朝食をとってみましたので、その内容を記事にまとめてみました。

アロフト・ソウル明洞ホテルのアクセスや、部屋様子など、過去記事を読んでもらえばと思います。

エクスペディアから「ソウルのおすすめホテル」を検索する

アロフト・ソウル明洞ホテルのレストラン

f:id:myhitachi:20180805105717j:plain

明るめで清潔感があるレストランでした。場所は、アロフト・ソウル明洞ホテルの地下1階です。朝食の時間は6時30分~10時00分までです。
受付カウンターで部屋番号を申し付けてスタッフに座席まで案内してくれます。ここはコーヒーかお茶といったモーニングドリンクのテーブル注文はありませんでした。まぁ、ビジネスホテルではほぼそういうサービスが用意されていないので、期待してはいけませんね。

f:id:myhitachi:20180805105719j:plain

アロフト・ソウル明洞ホテルの料理

f:id:myhitachi:20180805105734j:plain

フルーツやサラダの種類は豊富で栄養バランスが取れるかと思います。

f:id:myhitachi:20180805105718j:plain

デザート、パン類もしっかり用意されています。これは嬉しい一品ですね。

f:id:myhitachi:20180805105725j:plain

朝食は韓国料理と洋食の混ぜ料理がメインです。プルコギ、チャーハン、フライドポテト、お粥、納豆など、種類はそれほど多くはありませんが、一人で食べると十分かもしれません。

f:id:myhitachi:20180805105729j:plain

目玉焼きや、オムレツなどの卵料理もチョイスできますので、遠慮なくシェフに頼んでみましょう!日本語、中国語や英語のメニュー名が記載されていますので、安心に注文できます。

f:id:myhitachi:20180805105722j:plain

コーヒー好きな方には嬉しいサービスもあります。コーヒーメーカーを使って、温かいコーヒーを自分で淹れることができます。

f:id:myhitachi:20180805105727j:plain

f:id:myhitachi:20180805105728j:plain

アロフト・ソウル明洞ホテルの朝食はこちら

 

ホテルの朝食は、できるだけ少量多品種を味わいたいので、いつもこのぐらいで取っています。チョイスした料理は茶色が多く、、、カロリに心配ですが、、

f:id:myhitachi:20180805105723j:plain

最後は、食後のデザートとフルーツの別腹の食事タイムです!

f:id:myhitachi:20180805105732j:plain f:id:myhitachi:20180805154056j:plain

あ、ちょうど夏かもしれませんが、アロフト・ソウル明洞ホテルのレストランの入り口には、こういう「ブルーベリースムージー」(↓)が用意されています。フリーテイクアウトですので、ホテルでタダでスムージーが飲めるなんて本当に嬉しいサービスですね!

f:id:myhitachi:20180805105736j:plain

アロフト・ソウル明洞ホテルの朝食値段(料金)

通常の朝食料金ですが、2万7,000ウォン(=約2,700円)/人の定価となっています。スタッフのご厚意で割引券付きの特別価格(1万6,200ウォン※=約1,620円)で対応してもらいました。

と言っても、この料理の割には、アロフト・ソウル明洞ホテルの朝食値段はお高めな設定なっていますね。正直にはオススメとは言えませんが、お財布に余裕がある方なら、朝食を取ってみても良いかと思います。

まとめ(感想)

ソウル・明洞中心でアクセス便利、SPGホテル系列の中でもリーゾナブルのホテルですが、朝食は高い評価を付けることがちょっと難しいですね。

とは言え、ロケーション立地から見ると、ソウル観光なら「アロフト・ソウル明洞ホテル」での宿泊は本当にオススメです。

エクスペディアから「ソウルのおすすめホテル」を検索する

ちなみに、同じ明洞エリアの「イビススタイルズアンバサダーソウル明洞」というホテルも個人的にはよかったですので、こちらご参考まで。

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。