在日中国人の帰化への道

日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・キャラクターのことも。

【東京羽田~大阪関空】スターフライヤー(SFJ)エコノミークラスの搭乗体験記。スターフライヤーの座席は本当に広いよ!

f:id:myhitachi:20180804170453j:plain

この前の大阪出張で、たまたま話題のスターフライヤー航空に乗ってきました。国内線の場合、いつも全日空ANAを利用していますが、今回が手配した航空券はどうもANAとのコードシェア便らしく、スターフライヤーの運行便だったようです。

一応、スターフライヤーは初めて乗るので、関西国際空港行きのANAとの共同運航・スターフライヤー便のエコノミークラスの搭乗体験をお伝えしたいと思います。

スターフライヤー(Star Flyer)とは?

 

ご存知の方が多いかと思いますが、

スターフライヤー(英: Star Flyer Inc.)は、福岡県北九州市小倉南区の北九州空港に本拠を置く日本の航空会社です。

2002年に「神戸航空株式会社」として設立。2006年3月に北九州空港の移転と同時に東京国際空港(羽田空港)との間の路線運航を開始した。

現在、エアバス社製A320ー214型機10機保有している。また、機体の塗色の大半は、民間航空機としては珍しい黒色が採用されている。

定期便としては、東京/羽田(第1ターミナル)~福岡・北九州、東京/羽田(第2ターミナル)~大阪/関西・山口宇部、名古屋/中部~福岡、北九州~那覇(季節便)で就航しています。

※ウィキペディアより抜粋内容

搭乗フライトの情報について

今回の搭乗予定のフライト便情報ですが、

  • 便名:ANA3821便 ※スターフライヤー21便
  • 出発空港:東京/羽田空港(第2ターミナル)
  • 到着空港:大阪/関西国際空港(第1ターミナル)
  • 出発時間:午前9時00分
  • 到着時間:午前10時20分
  • 搭乗口:70番ゲート

東京・羽田空港第2ターミナルでの優先搭乗

全日空ANAとの共同コードシェア便のため、エコノミークラスを予約した場合ても、ANAの上級会員であれば、羽田空港のANAプレミアムチェックイン『ANA PREMIUM CHECK-IN』の利用には全く問題ありません。上級会員専用のチェックインカウンター内の専用保安検査場を経て、ANAラウンジでゆっくりと休憩タイムを!

出発20分前で、いよいよ搭乗案内されます。もちろん、ここにもANAの上級会員としては、優先搭乗してもらえます!

スターフライヤー(SFJ)の機内

f:id:myhitachi:20180804161927j:plain

今回、お世話になる機材は、定番のエアバス製A320です。

エコノミークラスの座席配置は横3-3です。

航空業界でも有名なお話ですが、スターフライヤーは、エアバスA320のメーカー標準164席を150席仕様に減らして運航しているため、下記の通り、普通席でも比較的にゆとりがある座席シートとなっています。

f:id:myhitachi:20180804161931j:plain

(前後間隔は91~94cmで、ANA国内線仕様より12~15cm広げている)

座ってみると、ここは本当にエコノミークラス?と目を疑うぐらいの広さです!噂通りでスターフライヤーの座席は本当に広いですね!

f:id:myhitachi:20180804161923j:plain

しかも、座席は全席黒の本革張りです!豪華な印象が与えられていますね。

f:id:myhitachi:20180804161924j:plain

可動式ヘッドレストやフットレスト、目の前に大型な液晶モニターとUSBポートなどの装備があらかじめ設置されています。

f:id:myhitachi:20180804161926j:plain

大阪まで約1時間ぐらいの就航時間なのに、スターフライヤーの機材は、エンターテイメント番組や映像など観れることは本当に感謝ですね。

スターフライヤー(SFJ)の機内誌

f:id:myhitachi:20180804161929j:plain

とにかく黒にこだわっているスターフライヤーさんですので、機内誌もモノトーンで統一されています。これは個人的にも好きなんですよね。

スターフライヤー(SFJ)機内サービス

f:id:myhitachi:20180804161928j:plain

羽田から関空の間は1時間程度のフライトのため、機内サービスはドリンクとスターフライヤーのオリジナルグッズの販売のみです。そんな中、ドリンクもこだわりがあったタリーズのコーヒーを提供しています。これはサラリーマンにとって嬉しいサービスではないでしょうか。

ドリンクはこのほかオリジナル温かいスープも提供されています。なかなかセンスがあるサービスで、初めてスターフライヤーに乗った私を感動させました!

最後に(まとめ)

今回は、定刻時間通りで大阪の関西国際空港に到着しました。

f:id:myhitachi:20180804161932j:plain

ここは東京羽田空港と違って、インバウンド客(訪日外国人)が溢れすぎて、なぜか日本に居ていないような錯覚が感じられてしまいました。

初体験のスターフライヤー(SFJ)エコノミークラスですが、この搭乗体験は本当に印象的でした!広いシートピッチやデザイン性の高い機材、こだわりのある機内サービスなど、どれも他社の航空会社との差別化を図っています。この独自サービスを展開し続けているスターフライヤーは本当に素敵に思っていました。

今回の搭乗でとても快適なフライトでしたので、次回タイミングがあれば、ぜひもう一度搭乗してみたいと思っています!

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。