在日中国人の帰化への道

日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・キャラクターのことも。

「プロモーショナル・マーケター認証資格」試験を受験してみた!中国人の私でも一発合格できた資格だった。

f:id:myhitachi:20180804152222j:plain

日本は資格大国であり、資格を持つことで他人との差別化が自然に出てしまうので、1つ2つぐらいの資格を持っといたほうが絶対良いぞ!と日本人の上司に散々勧められていました。

それで、広告代理店へ転職してから、昨年(2017年10月)に行われた「プロモーショナル・マーケター認証資格」の試験を受験してみました。業界人ならみんな普通に持っているぐらいの資格らしく、とりあえず自分も挑戦してみようと、

結果としては晴れて一発で「合格」取れました!パチパチパチ 

「プロモーショナル・マーケター認証資格」とは?

 

ご存知ではない方がいらっしゃるかと思いますので、念のために説明させてもらいます。

プロモーショナル・マーケター認証資格は、日本でただひとつのSP*1専門職能認証制度です。

一般社団法人|日本プロモーショナル・マーケティング協会が、プロモーショナル・マーケターとしての資格を認証し、年1回10月下旬に認証試験が実施されます。

「プロモーショナル・マーケター」とは、資格試験に合格し、プロモーショナル・マーケティングの計画から実行までに至る専門的知識を有した人材として一般社団法人 日本プロモーショナル・マーケティング協会が認証した資格者です。この資格は、総合的なプロモーションの計画と実行に関わる日本で唯一の資格です。

上記のように公式ホームページで解釈を書いてありました。

資格取得を通し、プロモーションとマーケティングの関連性を体系化する考え方を学ぶことができます。また効果的な戦術計画表現方法やその展開手法、さらに落とし込んでいく具体的なツールについてもより知識として深めていくことができます。

「プロモーショナル・マーケター認証資格」の試験について

受験料は、業界でも高めの3万2,400円(税込み)となっています。

試験科目は、基本知識試験科目計画立案実技試験科目の2種に分かれています。

午前と午後に分けて実施されますが、前者は選択式で、後者は論述式となっています。それぞれ各2時間ずつで、時間前に解答を記入する必要があります。

試験時間が長く設けた理由というのは、試験問題の項目数が多いからです。しかし、試験開始後の1時間ぐらいで途中退席する受験生がよく見られています。

【基本知識試験科目】

  1. プロモーショナル・マーケティングの体系と計画
  2. プロモーション手法の計画と展開
  3. プロモーション・メディア&ツールの制作

【計画立案実技試験科目】

  1. プロモーショナル・マーケティング戦略の設計
  2. プロモーショナル・マーケティングの戦術計画(実行計画)の立案

「プロモーショナル・マーケター認証資格」の試験対策

試験の出題は、公式テキストから出されたそうですので、まず公式テキストを購入してその内容を独学することがいいかと思います。

▼公式テキスト「プロモーショナル・マーケティング 第4版(宣伝会議)

プロモーショナル・マーケティング 第4版

プロモーショナル・マーケティング 第4版

 

新品の定価は、2,592円(税込み)です。

Amazonなどの通販サイトで上記の公式テキストが購入できます。過去問や演習問題など、公式から市販されていないようです。

それで、試験勉強の方法を迷う方が多いかと思いますが、直前受験対策講座に参加することは(本心から)オススメです!受講料はやや高めの1万6,200円(税込み)です。

こちらの直前受験対策講座は、日本プロモーショナル・マーケティング協会が行う試験対策の講座ですので、安心して受講できます。

試験概要や習得すべき事、模擬試験、模範解答などなど、試験に関係する全貌がわかる講座内容になっています。実際、中国人の私が「プロモーショナル・マーケター認証資格」試験に一発合格できたのも、こちらの直前受験対策講座に参加したおかげです。

【基本知識試験科目】の個人対策

経験者ならわかりますが、ひたすら暗記であれば、午前中の「基本知識試験科目」がクリアになります。

また公式テキストの全部を熟読する必要は全くありません。直前受験対策講座に参加したら、試験対象内容が集約される「受験準備サブノート」(↓)がもらえます。

f:id:myhitachi:20180804142246j:plain

こちらの内容を集中して押さえたら、「基本知識試験科目」が楽勝です!特にその内容の中のキーワードを覚えておくと賢明だと思います。

【計画立案実技試験科目】の個人対策

午後の「計画立案実技試験科目」は、午前中の「基本知識試験科目」の受験勉強で得た基礎知識をフル活用になります。

筆記試験ですが、文章構成にはある程度、模範解答と言われる「ひな型」があります。こちらのポイント(ひな型)を覚えていけば、初めて受験する方でも「計画立案実技試験科目」に合格できるかと思います。

ちなみに、各プロモーション手法の内容自体は、試験の合否に影響することはなく、あくまで公式が決まった「ひな型」に沿うのか、論理性やプロモーションとして機能するか?といったところが、試験合否の分かれ道となるようです。

「プロモーショナル・マーケター認証資格」の受験票

f:id:myhitachi:20180804144830j:plain

おおよそですが、試験実施日の1~2週間前ぐらいから受験票が予め登録してあった住所宛てに郵送はがきの形で届きます。

「プロモーショナル・マーケター認証資格」の試験会場

試験会場は全国で3ヶ所しかありません。東京/大阪/名古屋です。

東京地区の場合、青山学院大学|青山キャンパスで受験になります。

※住所:東京都渋谷区渋谷4ー4ー25

※最寄り駅:渋谷駅か、表参道駅

f:id:myhitachi:20180804143251j:plain

f:id:myhitachi:20180804143301j:plain

最後に(まとめ)

「プロモーショナル・マーケター認証資格」試験の合格発表は、毎年の12月クリスマス前後のようです。マイページを確認すると、自分の試験結果が判明できます!

f:id:myhitachi:20180804143808p:plain

このように、各試験項目別に自分の点数や偏差値が記載されています。

そして合格者には1月下旬ごろに、顔写真つきの合格通知IDカードが届きます。

f:id:myhitachi:20180804145824p:plain

顔写真は、受験票提出時に貼付けたものが反映されました。

また、もし会社経費精算用の領収書発行が必要な場合、メールにて運営事務局に問い合わせて依頼しておくと良いでしょう。

自分は簿記や著作権検定などの資格試験に挑戦したことがありますが、まぁまぁ難易度がやや高めだなとの印象でした。ちなみに、2017年の第13回プロモーショナル・マーケター認証資格試験合格率は、62.64%でした。

今年の2018年第14回プロモーショナル・マーケター認証資格が控えているかと思いますが、受験生のために少しでもお役に立てれば光栄です。では、ご健闘を祈ります!

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。

*1:セールスプロモーションの略語