在日中国人の帰化への道

日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・キャラクターのことも。

日本航空JALからも新LCC(格安航空会社)が誕生!国際線中長距離のLCC利用なら、ティー・ビー・エルを!

f:id:myhitachi:20180731224011p:plain

日本航空JALから、新しいLCC(格安航空会社)を設立したとのニュースが目に飛び込んできました。その新LCCの社名は「ティー・ビー・エル」と決定なる模様です。

日本では遂にフル・サービス・キャリアの大手航空会社も出揃って、LCCへの本格参入となっている時代に入りました。ジェットスター、ピーチ、バニアエアなどに続き、新しく誕生したJAL新LCC「ティー・ビー・エル」。これからも、ますます期待できそうな国際路線の就航となりそうですので、財布がゆるくない方々にとってきっと朗報に間違いないですね。

ちなみに、LCCの場合、お客さんに格安チケットを提供する代わりに、整備費用を削減しています。そのため、ボーイングの「737」やエアバスの「A320」などに機材を統一することが多いようです。

今回のJAL新LCC「ティー・ビー・エル」も、その格安狙いのために、機材はボーイング787-8型機(まず2機から)を導入します。座席数は、JALの同型機2クラスの約200席と比較して、40%~50%UPを想定しているそうです。

また、就航の本拠地は、成田国際空港となります。恐らくほかのLCCと同じく第3ターミナルではないでしょうか。アジアや欧米などの中⾧距離国際線に就航する計画ですが、就航開始は、まだこの先の2020年夏になりそうです。東京オリンピック開催に合わせて就航する狙いでしょうか。

 

今後、JAL新LCC「ティー・ビー・エル」から最新情報があれば、随時こちらの記事で更新UPしたいと思います

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。