在日中国人の帰化への道

日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・キャラクターのことも。

アメリカ10年間ビザをもつ中国人必見!【EVUSの新規登録方法】についてまとめてみました。

f:id:myhitachi:20180721153335j:plain

日本人と違って、中国人はアメリカに行くにはビザの申請が必要です。最近、アメリカ政府は中国人に対して10年間の有効期限のB1/B2(短期旅行、ビジネス訪問)が発給されていますが、アメリカ入国前にEVUSというシステムでの事前登録も必要です。

今回の記事では、アメリカビザ取得後、EVUSの新規登録方法について説明したいと思います。

アメリカ10年短期商用・観光ビザ(B1/B2)の申請方法に関しては、こちら(↓)の記事にご参考にしてください。

EVUSとは?

f:id:myhitachi:20180721133235j:plain

https://www.evus.gov/evus

EVUSとは「Electronic Visa Update System」の略で、電子ビザ更新システム(EVUS)のことです。これはアメリカの移民法で義務づけられて、ビザとは別にこの手続きをする必要があるそうです。

中国籍の方で10年間の有効期限で発給されているB1/B2、B1またはB2ビザをお持ちの方は2016年11月29日より渡米前に電子ビザ更新システム(EVUS)への登録が必要です。

中国人の場合、アメリカ旅行に行く前に、必ずオンラインで申請しなければならないものです。

EVUSの登録対象者は?

「在日米国大使館・領事館」公式HPで記載した通り、10年間のアメリカビザ(B1/B2、B1またはB2ビザ)をもつ中国籍の短期滞在者に登録が求められています。つまり、EVUSの登録対象者は中国人だけ※です。

※日本国籍に帰化した在日中国人は、もちろんEVUS登録の対象外です。

ちなみに、日本人は、ビザ免除の対象で通常、ESTA(エスタ)といったESTA渡航認証システムでの申請登録となります。EVUSの登録対象外(むしろ関係ない)ですので、ご留意ください!

f:id:myhitachi:20180721142625j:plain

何時までにEVUSを登録すべき?

 

10年間のアメリカビザ(B1/B2、B1またはB2ビザ)を取得した日から、アメリカを発つ前の少なくとも3日(72時間)前までに登録したほうがオススメです。ちなみに、EVUSの登録有効期限は2年間です。

EVUSの登録料金について

米国国境取締局(CBP)によるとEVUSの登録料金は現時点ではかかりませんが、将来的に有料化される見込みです。有料化の実施日についてはまだ決まっていません。有料化されるまでEVUSへの登録は無料となります。

と、公式HPで書いた通り、いま現在のところ、EVUSの登録自体は無料です。将来的に有料にする可能性があるかもしれません。お早めにご登録をオススメですね。

EVUSの新規登録方法について

まず、こちら(https://www.evus.gov/evus)のEVUS公式サイトから入ってください。 各画面ごとで必要事項を入力して登録を進めていきましょう。

ちなみに、画面右上には英語中国語(簡体字)の切り替えができますので、読みやすい言語へ切り替えてみてください。

f:id:myhitachi:20180721133236j:plain

EVUSの新規登録手順について

EVUSの新規登録手順は、下記の7つ項目があります。

  1. 免責事項
  2. 旅券査証情報
  3. 申請者情報
  4. 旅程情報(渡航情報)
  5. 適格性に関する質問
  6. 申請内容の確認
  7. 申請内容の提出

おおよそ20分間で申請登録できると思います。またEVUSの申請内容は、日本人がアメリカ旅行に行くときに行うESTA(エスタ)と同様の手続きとなっています!

EVUSの新規登録方法(詳細画面)について

では、EVUSの申請・登録手続きについてステップバイステップで画像付きで説明させていただきます。

▼免責事項の確認画面

f:id:myhitachi:20180721142638j:plain

▼旅券査証情報の入力画面

f:id:myhitachi:20180721142639j:plain

ESTA(エスタ)と違って、アメリカ10年間ビザを取得した前提での申請登録のため、ビザ番号の入力が必須です。(ビザページの赤い数字:A1234567です)

▼申請者情報の入力画面

f:id:myhitachi:20180721142632j:plain

が入力必須の項目となっていますので、ご留意ください。

▼旅程情報(渡航情報)の入力画面

f:id:myhitachi:20180721142640j:plain

アメリカには友人や親戚がいない場合、アメリカでの連絡先欄には滞在予定のホテルの情報を入力してもOKです。今回、私は「ザ シェラトン グランド ロサンゼルス」(後日、宿泊記をUP予定)に泊まるので、こちらのホテル情報を入れてありました。

それから、緊急連絡先は、日本にいる日本人の友達にお願いしました。特に問題なかったようです。

▼適格性に関する質問

f:id:myhitachi:20180721142633j:plain

基本的にはすべてNO(不是)を選んでいます。

▼申請内容の確認画面

f:id:myhitachi:20180721133238j:plain

申請登録内容は問題ない場合、すべてチェックして、次ぎへ進めていきましょう。

▼申請内容の提出

f:id:myhitachi:20180721142635j:plain

最後に確認済みの申請登録内容を正式に提出します。すべてOKであれば、早速「提交」ボタンをクリックしてください。下記(↓)提出後の画面です。

f:id:myhitachi:20180721142634j:plain

▼EVUSの登録完了画面

しばらくする(自分の場合、数分程度経ってから)と、登録状態が「已登记」(Enrolled)と判明できました。その登録完了の画面(↓)がこちらの通りで表示になります。

f:id:myhitachi:20180721142637j:plain

これをもってEVUS登録完了となります!バチバチバチ

長い登録時間、お疲れ様でした!

最後に(まとめ)

中国籍でアメリカのB1、B2、B1/B2ビザを10年間の期限で取得した方は、EVUSの登録が済んでいないと、飛行機に乗れない場合がありますので、アメリカ10年間ビザを取得したら、とにかくEVUSの登録をお早めに済ましていきましょう!

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。