在日中国人の帰化への道

日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・カード・映画・キャラクターのことも。

【2018年版】在日中国人のパスポート更新手続き:必要な書類と費用とは?(在日本如何更新中国护照)

f:id:myhitachi:20180701225636j:plain

この度、在日中国人の私は、海外人生の1冊目パスポートの有効期限が切れそうだったので、中国大使館で更新してきました。実は在日中国人の私だって、日本での初めてのパスポート更新だったので(更新前に)少し迷いもありました。

それでは、在日中国人のパスポート更新手続きには、どんな必要書類が必要なのか、いくら費用がかかるのか、「在日本如何更新中国护照」在日中国人のパスポート更新手続き:必要な書類と費用とは?)について、在日中国人や中国人と深い関係を持つ日本人のために書き留めておきました。ご参考になってお役に立てれば何よりです。

 

パスポートはそう頻繁に更新するものではない為、特に日本で就職や留学してきた在日中国人にとって、更新前に必要な書類ってなに?どうやって日本で更新できるの?って分からないことだらけですよね。

さて、在日中国人のパスポート更新時の必要書類は、次ぎのように事前に準備しましょう。詳しくは中華人民共和国駐日大使館のHPをご覧くださいね。(http://www.china-embassy.or.jp/chn/lsfws/hzqzyw/ab12/t884911.htm

在日中国人のパスポート更新に必要な書類

  1. パスポート申請表(中国語名:中華人民共和国旅券/旅行証/帰国証明申請表)
  2. パスポートの原本と写真ページのコピー
  3. パスポート用の証明写真2枚(サイズ W33xH48mm、カラー写真、6ヵ月以内に撮影必要、背景白色)
  4. 在留カード(もしくは外国人登録証明書)の原本と原本の表裏のコピー
  5. 期限切れパスポートの理由説明書(もしパスポートの更新期限が過ぎてしまった場合のみ)※期限切れ前の通常更新ならご提出不要です!

在日中国人のパスポート更新条件(誰が更新申請できるの?)

在日中国人のパスポート更新には、上記の必要な書類がわかりましたが、パスポート更新を申請する前にまず、パスポート更新条件について知っておいたほうが良いと思います。では、誰がパスポート更新申請できるのでしょうか。

有効なパスポートを所持する中国公民の方で、日本での合法的な在留資格があり、かつパスポートの有効期限が一年未満であるか、もしくはパスポートに空白ページがない場合は、パスポートの更新の手続きが可能です。

中華人民共和国駐日大使館の公式ページでは、上記のようにパスポート更新条件を記載してあります。わかりにくいかもしれませんが、簡単にまとめてみますと、下記の要項に合致している在日中国人ならば、パスポート更新の申請ができるのです!

▼在日中国人のパスポート更新条件

  1. パスポート有効期限が一年未満、もしくは空白ページがない場合(前提条件)
  2. 在留資格が有効であること(就労や留学など有効期限内)

留意してほしいのは、たとえ明日以降からパスポート有効期限が一年を切れるので、今日からでも申請をしてみるといったケースは、中国大使館のお話によれば、明日以降じゃないと受け付けてくれないそうです。

在日中国人のパスポート更新費用

f:id:myhitachi:20180701215037j:plain

パスポートの更新には切替新規申請の手数料が発生します。

ちなみに、申請の際ではなく、受け取りの際に支払うので、必ずお金を持って受け取りに行きましょうね。

▼パスポートの切替新規申請手数料(有効期限10年)

在日中国人のパスポート更新費用(换领・申领普通护照):2700円

(現時点では)お急ぎの特別申請を受け付けていないため、特急料金はありません。

在日中国人のパスポート更新場所

申請者本人が管轄の大使館、各総領事館に行って申請しておいてください。

たとえば、私は東京都内に住んでいますので、在日中国大使館(=中華人民共和国駐日大使館・領事部)でパスポート更新をしてきました。

詳細のアクセス場所は、過去記事(↓)に書いてありましたので、よかったら参考に読んでみてください。

在日中国人のパスポート更新の申請時間

月曜日~金曜日:AM9時~12時 ※要確認

※中国大使館の休日に要注意です。

在日中国人のパスポート発行までの期間

中華人民共和国駐日大使館の公式ページでは「旅券発行日数:申請受理日より15開館日内に旅券を発給」とされていますが、中国大使館職員の業務日での計算ですので、土日祝・振替休日・年末年始・中国の国民休日は除外されます。

つまり、基本的には3週間後の同じ曜日に受取可能となります!

しかし、中国の祝日を挟むとその分 延びてしまいますね。特に中国の旧正月、5月のGW(中国の労働節)や10月の国慶節を挟むと4週間以上かかる可能性もありますので、要注意ですね!

在日中国人のパスポート更新手続き

在日中国人のパスポート更新は、管轄の大使館あるいは各総領事館に訪問する前に、まず「海外中国公民パスポート申請ネット予約システム」で必要な書類 ①申請表を事前に記入することが真っ先です。

 

それでは、具体的なパスポート更新手続き(手順)について紹介します。

  1. 来館する前にネット予約システムで申請表を記入する。
  2. 証明写真(デジタルデータ)のアップロードとチェックを行う。
  3. パスポート更新の申請日時をネット予約システムで予約する。
  4. 申請表をプリントアウトし、予約日時にパスポート更新の必要書類を大使館領事部に持参する。

補足ですが、もし自宅で必要な書類を印刷できない場合、申請表のデータなどをUSBメモリに保存したうえで、コンビニなどでプリントアウトしましょうね。

「パスポート申請ネット予約システム」の記入方法

それでは、一番重要な「パスポート申請ネット予約システム」の記入方法について画面ごとで紹介したいと思います。

▼予約システムURLリンク:  海外申请护照在线预约http://ppt.mfa.gov.cn/appo

①「开始申请预约」:申請予約開始ボタンをクリックする。

f:id:myhitachi:20180701203631j:plain

 

②「相关说明」: 関連説明事項を読んだうえで同意する。

f:id:myhitachi:20180701204326j:plain

 

③「选择驻外外交领事机构」: 管轄の大使館/領事館を選択する。

f:id:myhitachi:20180701210254j:plain

 

④「秘密の質問と回答、メールアドレス」を記入する。

f:id:myhitachi:20180701210542j:plain

 

⑤申请基本信息-1(个人信息):自分の個人情報を記入する。

f:id:myhitachi:20180701211632j:plain

(上記の申請データはあくまでこちらの記事説明用で仮で記入したものです)

 ※ちなみに、申請データが消失しないように途中で随時保存しておくと良いですね。

 

⑥「申请基本信息-2(住址及居留)」:自分の住所や連絡先、職業などの情報を記入する。

f:id:myhitachi:20180701220843p:plain

※中国国内に住所がない場合、「無」と記入しても問題ありません。 

※電話番号は、国番号の記入必要がありません(実証済み)。

 

⑦「上传照片」:自分の証明写真(デジタルデータ)をアップロードする。

自分の両目を1と2の数字に合わせてぴったりな位置で写真拡大や縮小をして調整してみてください。

f:id:myhitachi:20180701221028p:plain

※証明写真のデジタルデータは必ず30~80KBのサイズに変換してください。

 

⑧「中华人民共和国护照/旅行证申请事项」:パスポート更新(申请普通护照换发)申請の箇所をチェックする。

f:id:myhitachi:20180701214825j:plain

 

⑨「申请附表信息」:補足情報を記入する。

f:id:myhitachi:20180701221252j:plain

※独身の方(配偶者がいない)場合、「無」と記入してOKです。

※電話番号は、国番号の記入必要がありません(実証済み)。

 

⑩「申请信息预览」:記入済みの情報一覧をチェックする。

もし、問題なければ次ぎのステップへ進んでいきましょう。

f:id:myhitachi:20180701220735j:plain

 

⑪証明写真のチェック結果が判明する。

f:id:myhitachi:20180701213213j:plain

証明写真のチェック判定結果は、「合格」の場合、こちらの画面(↑)が出てきます。

予約時、証明写真のチェックにおいて「不合格」(↓)と判定される場合、そのまま次のステップに進んでいって、実際、中国大使館の窓口でデジタルデータを持ちながら確認してもらいましょう。

f:id:myhitachi:20180701213014j:plain

それと、証明写真のチェック結果が「合格」か「不合格」とも関係無く、中国大使館に行く時に必ず証明写真(2枚、カラー、背景白色)を持っていってくださいね! 

 

⑫「申请表信息确认」:申請表情報の確認をチェックする。

f:id:myhitachi:20180701222223j:plain

すべてチェック完了すれば、パスポート更新の申請予約画面に入ります。

f:id:myhitachi:20180701215321j:plain

実際、1ヶ月先の日程まで予約可能らしいです。日付の下にある「1/300」※の箇所にクリックして、予約時間まで指定できます。

※「1/300」意味:300名枠に対して1名が予約済みだと思います。

f:id:myhitachi:20180701215422j:plain

では、最終的に認証コードを記入して、パスポート更新申請の予約確定をしましょう!

f:id:myhitachi:20180701215451j:plain

 申請予約が成功したら、こちらのような画面(↓)が出てきます。

f:id:myhitachi:20180701221541j:plain

ちなみに、中国大使館は非常に混雑していますので、予約日時の30分前からもっと早めに行ったほうがオススメです!

こんな感じで大行列ですよね、、

f:id:myhitachi:20180612181611j:plain f:id:myhitachi:20180612181606j:plain

最後(まとめ)

以上、「在日中国人のパスポート更新手続き:必要な書類と費用とは?(在日本如何更新中国护照)」のご紹介でした。

ちなみに、日本でパスポート更新する一つのメリットがあります。

f:id:myhitachi:20180701231545j:plain

写真(↑)の通り、パスポートの発行場所(签发地点)はなんと「東京 TOKYO」と書いているじゃありませんか?

どうやら海外でパスポートを更新した場合、海外現地の大使館とその国の地域名が記載されますね。東京のパスポートみたいな、、本当に素敵ですね!笑

 

最後、繰り返しですが、在日中国人のパスポート更新には必要となる書類は、下記の通りです。

  • パスポート申請表
  • パスポートの原本と写真ページのコピー
  • パスポート用の証明写真2枚
  • 在留カード(もしくは外国人登録証明書)の原本と原本の表裏のコピー

在日中国人のパスポート更新は、難しいではありません。上記の手順と必要な書類を用意しておけば、スムーズにパスポート更新ができるはずです。ちなみに、私の場合は、パスポート更新の申請後、3週間程度で受け取ることができました!

初めて申請するので、ネット予約システムには馴れないかもしれませんが、余裕をもって申請予約をしておきましょうね。

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。