在日中国人の帰化への道

日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・キャラクターのことも。

中国Alipay(アリペイ/支付宝)は意外な場所で使えるなんて!?モバイル決済普及率98%の中国は本当にすごい!

f:id:myhitachi:20180701161908p:plain

いまの中国では、本当に日本よりずっと進化していると中国へ帰省している度に中国人の私は実感しています。特に紹介したいのは、モバイル決済:Alipay(アリペイ/支付宝)の普及です。

自転車シェアリング、路面飲食店、ネット決済、携帯電話料金のお支払いなどなど、モバイル決済の登場率が半端ないです。中国ではモバイル決済普及率はすでに98%を超えていると発表されました!

この前、中国で地元のマッサージ屋さんに行くと、「支付宝(アリペイ)で払う?それとも 現金で払う?」と2つの選択肢しか与えられなかったんですよ!

「クレジットカードはだめですか?」とダメ元で店員さんに聞いてみると、

「今は受け付けてないの!」(店員さん)

「・・・・・・」(私)

Alipay(アリペイ/支付宝)は意外な場所で使えるよ!

今回の記事では、Alipay(アリペイ/支付宝)のモバイル決済普及の凄さをもっと知ってもらいたたく、こういう情報を入手できました。実は、いま、Alipay(アリペイ/支付宝)は中国本土のある意外な場所で使えるようになっています!

それは、どこかというと、

f:id:myhitachi:20180701155533j:plain

上記の写真の通り、高速道路の高速通行料金場です!!

もちろん、こちらは中国の高速道路です。ETCは中国ではまだ日本より普及していないかもしれませんが、Alipay(アリペイ/支付宝)はすでにここまで使えるなんて、本当に凄まじいではないでしょうか!

アンビリバボー!!!(私にとっては世界八不思議の第八個目ぐらいですよ!  ←大げさすぎる表現で自粛します)

キャッシュレシュ社会(中国=モバイル決済普及98%ですから、言っても良いぐらい)の中国しか見れない非日常の場面でしたが、モバイル決済普及が約6%の日本にも早く、キャッシュレシュの日常が当たり前のようにモバイル決済をもっと普及してほしいです!先進国の日本よ!もっと頑張れー!

 

最後に、まだAlipay(アリペイ/支付宝)を知らないあなたにおさらいします。

Alipay(アリペイ/支付宝)とは?

f:id:myhitachi:20180701162349j:plain

公式サイトから引用させてもらいます。

中国アリババグループのAlipay(アリペイ/支付宝)は、タオバオ(淘宝)をはじめとしたネットショップサイトで利用される、中国モバイルペイメント業界で約54%のシェアを占める世界最大の第三者決済です。

利用者はAlipay(アリペイ)に会員登録し、商用サイトの支払画面からログインするか、モバイルアプリでQRコードを読み込んで支払い手続きをします。

2018年1月時点で5億2000万人以上の本人認証済みアクティブユーザーを抱え、世界中に450以上の金融機関パートナーがいます。

日本では、2015年以来インバウンド施策として多くの店舗に導入されており、現在の導入店舗数は4万店に達します。コンビニのローソンで使えます!

ちなみに、WeChat Payment(微信支付)と合わせて中国人が最も使っているモバイル決済手段ですよ。

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。