最終更新:3月11日⇒次回更新予定:3月22日

海外旅行の便利アイテム「AIRSIM(エアシム)」についてご紹介します。世界100ヶ国以上で利用可能なデータ通信専用SIMカードです。

f:id:myhitachi:20181221152117j:plain
海外旅行の時、一番困っていることは、通信環境の無い状況でiPhoneなどのスマートフォンが使えないことではないでしょうか。

現地で無料Wi-Fiを探しても、しょせん運の次第ですし、事前に日本でモバイルWi-Fiルーターをレンタルしてみればとの声もありますが、レンタルプランの割高な金額や、いちいち携帯しないといけないという荷物扱いの面倒さ・・・容易に手を出せなかった事情もあったり、、

それで、これらのお悩みを解消できる名案がありました。

たったの一つのSIMカードで、世界100ヶ国以上で通信利用できる「AIRSIM(エアシム)」を使えば、もう海外旅行中での通信心配がありません!海外旅行の便利アイテムとして全世界の旅行者や出張族に愛用されていますので、今回の記事では、こちらの海外旅行の便利アイテム「AIRSIM(エアシム)」についてご紹介したいと思います。


 

「AIRSIM(エアシム)」とは?

香港通信会社「信京電訊」が販売する 世界100ヶ国以上で使えるデータ通信専用SIMカードです。

SIMカードの事務手数料無しで、各国の現地通信キャリアとの契約も無しで、こちらの「AIRSIM(エアシム)」だけで自分のスマートフォンを海外旅行の現地でネット通信環境において使うことができます。

f:id:myhitachi:20181221152218j:plain

また、使用する国・地域ごとに、必要な日数とデータ量のデータプランをアプリ経由で簡単に購入できるプリペイドタイプです。

「AIRSIM(エアシム)」のメリット

海外旅行者の間で愛用されていることもあり、私も早速「AIRSIM(エアシム)」を使ってみました。それで個人的に感じた「AIRSIM(エアシム)」のメリットをまとめてみました。

①利用料金がとにかく手頃で、24時間単位の利用プランもあり!

通常のWi-Fiルーターのレンタル料金と比べると割安なイメージです。経済発展途上国に行けば、お安い値段で利用できます。

もう一つのメリットとしては、24時間単位での利用もできるプランが用意されています。これは、深夜便や早朝便などイレギュラーな時刻で海外現地に行く方々にとっては、非常に助かるではないでしょうか。

②面倒な設定作業が無し!SIMカードを挿せば、即時使える!

これは、本当に助かったメリットだと思いました。(事前に利用国のプランを購入すれば)SIMカードを挿し替えて、複雑な設定手続き無しで現地の電波を拾ってくれるので、即時に使えるようになりました。海外旅行の初心者や、携帯設定などが苦手な方々にとって非常に良かったと思います。

しかも、国ごとにSIMカードを挿し替えなくて使えるので、複数国を渡っての海外旅行や、乗り継ぎ便での利用の際、「AIRSIM(エアシム)」の1枚SIMカードだけで対応できるので本当に便利すぎます!

※追記:行く国によっては、APNの手動設定も必要ですが、、

 【アジア】インドネシア、ベトナム

 【ヨーロッパ】ボスニア

 【南米】ブラジル、チリ、アルゼンチン等、ほとんどの国

 【アフリカ】エジプト

なお、手動設定が必要な場合、こちらのサイトで掲載したAPNを参考にして手動変更すれば良さそうですね。(要検討)

③専用アプリで通信プランを購入すれば、すぐにでも世界各国で通信できる!

Wi-Fiルーターのレンタルの場合、海外に行く度に事前にWEB申し込みや空港カウンターでの受け渡し、帰国際のカウンターでの返却になるかと思いますが、一つの「AIRSIM(エアシム)」を買えば、もうこちらの面倒な作業が一切無くなります!

海外旅行の国の通信プランを事前に専用アプリで購入しておけば、もう楽ちんで、後は、現地に行くだけです。帰国の際に返却お忘れのご心配もいりません。

しかも、旅行計画を立ててからの通信プランを購入してもいいですし、現地に着いてから、空港Wi-Fiを使って現地での購入でもOKです。利用プランの開始期間から海外旅行の現地で即時で通信できるのです!

「AIRSIM(エアシム)」の購入方法

海外旅行の便利アイテム「AIRSIM(エアシム)」の魅力を感じていただいたでしょうか。それでは、日本に住んでいる皆さんは、どうやって「AIRSIM(エアシム)」を入手できるのか、「AIRSIM(エアシム)」の購入方法について紹介いたします。

「AIRSIM(エアシム)」を買うには、主に下記の3つ購入方法があります。

①Amazonサイトでのオンライン購入

「AIRSIM(エアシム)」公式では、Amazonサイトでのオンライン購入ルートがあります。便利、安心、日本円決済、Amazonプライム会員の特典などの利点もあり、こちらでのご購入をおすすめします。

▼詳細リンク:Amazonサイト

ご購入できる「AIRSIM(エアシム)」の種類は、2タイプがあります。

  • 10米ドル(1,470円)
  • SIMカードのみ(500円)

※消費税込み ※現時点での情報

②日本の代理店サイトでのオンライン購入

同じくオンライン購入になりますが、AIRSIM 香港の日本の正規代理店という場所があります。こちらのサイトからの購入もできるらしいです。

▼参考リンク:「AIRSIM(エアシム)」日本正規代理店(要検証)

ただ、問い合わせフォームからの購入となり、個人情報やクレジットカード情報の提示が必要みたいです。本当に正規代理店なの?という不安があるかもしれませんが、一応購入金額は、Amazonサイトと同じとなり、送料も無料というお得感があります。


 

ちなみに、こちらで販売している「AIRSIM(エアシム)」は、3種類があります。

  • 20米ドル(2,470円)
  • 10米ドル(1,470円)
  • SIMカードのみ(500円)

※送料・消費税込み ※現時点での情報

③香港(もしくはマカオ)現地の携帯ショップでの購入

「AIRSIM(エアシム)」は香港の通信会社ですので、香港に行けば もちろん現地の携帯ショップなどで簡単に手に入ります。当ブログの管理人は、たまたま香港旅行の予定があって、ついでに現地で購入してみました。

現地の携帯ショップの場合、香港ドルの現金払いか、販売店によってはクレジットカードもしくは中国のQRコード決済アプリ(支付宝/Alipay、微信支付/WeChatペイ)で購入できます。

販売店舗数はとても多いですので、旅行者がよく行きたがるエリア(尖沙咀/チムサーチョイ、旺角/モンコックなど)であれば確実に手に入れると思います。

ちなみに、香港に近隣しているマカオ(澳門)にも「AIRSIM(エアシム)」販売している携帯ショップがあるみたいです。マカオに行く際にも現地で買えますね。

 

▼参考リンク:「AIRSIM(エアシム)」販売携帯ショップ

「AIRSIM(エアシム)」の使い方

まず、先に「AIRSIM(エアシム)」の専用アプリをダウンロードし、インストールしましょう!購入前でもいいですし、SIMカードが届いたらでもいいと思います。

AIRSIM ROAM

AIRSIM ROAM
開発元:Shinetown Telecommunication Ltd
無料
posted withアプリーチ

「AIRSIM(エアシム)」が手元に届いたら、「AIRSIM(エアシム)」専用アプリを立ち上げて、SIMカードの登録を済ましましょう。

f:id:myhitachi:20181221152835j:plain

その後、チャージとか国ごとの通信プランの購入など、すべてアプリ内から利用できるので、とりあえず使ってみたください。

 

▼参考リンク:「AIRSIM(エアシム)」の接続設定方法 記事

世界中で使える「AirSim(エアシム)」の接続設定方法。 | freeSIM.tokyo 

「AIRSIM(エアシム)」各国の利用料金プラン

f:id:myhitachi:20181221141509j:plain

例えば、日本人がよく海外旅行しているアジア各国の場合、

「AIRSIM(エアシム)」の利用料金プランは、こちらのような金額となっています。

  • 中国:4G HK$16(約224円)~/日(現地キャリア:中国移動/チャイナモバイル)
  • 香港:4G HK$10(約140円)~/日(現地キャリア:中国移動香港/チャイナモバイルHK)
  • 台湾:4G HK$8(約112円)~/日(現地キャリア:台灣之星/T STAR)
  • 韓国:4G HK$10(約140円)~/日(現地キャリア:SK Telecom、Korea Telecom )
  • タイ:4G HK$8(約112円)~/日(現地キャリア:dtac)

 ※現時点の為替レートで1HK$(香港ドル)=約14円の計算です。

まとめ(感想)


 

こんな便利なSIMカードがあるなんて、もっと早く知るべきでしたね。今回の香港旅行で初めて「AIRSIM(エアシム)」を使ってみたところ、通信できるところで本当に助かったので、改めて「AIRSIM(エアシム)」が便利だなぁと、私の感想でした。

良かったら、ぜひ世界100ヶ国以上で利用可能、海外旅行の便利アイテム「AIRSIM(エアシム)を使ってみたください!

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。

コメントを残す