最終更新:3月25日⇒次回更新予定:3月29日

香港の人気インスタ映えスポット「怪獣大廈」(モンスターマンション)に行ってきました!映画『トランスフォーマー』のおすすめロケ地ですよ!

f:id:myhitachi:20181218225809j:plain

日本から約3時間のフライトで、海外旅行地として気軽に行けるアジアの中心流行地:香港(Hong Kong)!味がある町並み、伝統的なアジア文化の集結・・・様々な理由でハリウッド映画のロケ地としてもよく選ばれています。

今回の記事では、香港の初心者にぜひ訪れてほしい 香港の人気「インスタ映えスポット」を紹介したいと思います。

その場所は、映画『トランスフォーマー』のロケ地としても知られている、「怪獣大廈」(=モンスターマンション)です。

嬉しいお知らせです。本記事は、なんとSmartNews(スマートニュース)に初掲載されましたよ!「スマニュー砲」の記事流入でPV数がなんと微増だった結果でしたが、(笑)

在日中国人ブロガー:SmartNews(スマートニュース)に初掲載されたお話。「スマニュー砲」の記事流入でPV数がなんと微増だった結果に!

怪獣大廈(モンスターマンション)とは?

怪獣大廈(モンスターマンション)は、「福昌楼」「益昌楼」「益發楼」「海山楼」「海景楼」といった5つの古き建物(マンション)が、アルファベット「E」の形に並んでいる密集住宅ビル群です。通称、「怪獣大廈」(モンスターマンション)と呼ばれているらしいです。

20世紀60年代の全盛期の香港に建てられ、現在、おおよそ2千戸の住民が住んでいて超人口過密のマンションとなっている模様です。

そもそも、ここは観光地でもない密集住宅ビルでしたが、フランス人の有名写真家に紹介されて、SNSなどで広まったお陰で有名になったらしいです。その後、2014年公開した ハリウッド映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』の撮影場所として使われ、香港の人気「インスタ映えスポット」として全世界の人が後を絶たないようになりました。

怪獣大廈のインスタ映え写真はこちら!

それでは、香港の人気インスタ映えスポット「怪獣大廈」の魅力をお見せしましょう!

上から見るとE字型に連なっており、マンションの中から見上げると不思議な奇妙光景が広がっているため、こちらのようなインスタ映え写真が撮れますよ。

f:id:myhitachi:20181218230510j:plain

f:id:myhitachi:20181218230617j:plain
どれも素敵な写真だと思いませんか?実際、現場に行って、夜の怪獣大廈もオススメです。※今回残念ながら、お昼だけでの訪問でしたが、、

f:id:myhitachi:20181218230616j:plain

怪獣大廈の最寄り駅

香港の鉄道MTRで行く場合、香港島内を横切る港島線(Island Line)の利用をおすすめします。 最寄り駅は「太古駅」もしくは「鰂魚涌駅」になります。

f:id:myhitachi:20181218230802j:plain

中心部にある「中環駅」(セントラルステーション)からは約15分程かかります。

怪獣大廈へのアクセス

今回は、港島線(Island Line)手前の「鰂魚涌駅」から降りて、怪獣大廈(モンスターマンション)にたどり着く道順について紹介したいと思います。

f:id:myhitachi:20181218230912j:plain

まず、「鰂魚涌駅」の出口A(太古坊)から出ましょう。こちらの出口をでて、ずっと英皇道(King’s Road)の右側に歩いていきます。この時は、すでに周りの風景も超過密住宅ビルが見えてきました。

f:id:myhitachi:20181218230656j:plain

しばらく歩いてみると、右手正面に異様な雰囲気の建物が現れてきます。

f:id:myhitachi:20181218231030j:plain

1階にある「大衆銀行(香港)」が目印で、ここにたどり着けば、怪獣大廈(モンスターマンション)までのアクセスはもう大丈夫でしょう。

f:id:myhitachi:20181218231058j:plain

怪獣大廈の入り口

f:id:myhitachi:20181218230626j:plain

E字型に連なっている住宅マンションですので、メインな入り口も2つあります。英皇道(King’s Road)沿いの「海山楼」「海景楼」と書いてある入り口が比較的にわかりやすいので、こちらに入っても良いと思います。

怪獣大廈の内部

f:id:myhitachi:20181218230706j:plain

外から見ると日本の常識では考えられないほどの混沌とした世界観です。内部に入ってみると、1階にはローカルな小さな商店やクリーニング店、美容室、レストラン等が入っています。

住宅地ですが、1階の中庭のようなところには、すでにいろんな国の観光客で賑わっていて、インスタ映えのエリアとなっている光景です。

f:id:myhitachi:20181218231230j:plain

それで、怪獣大廈のビル群を見上げると、目の前一面に密集したカラフルな窓枠が視界いっぱいに広がりってきます。

数え切れない窓の数、住民たちの洗濯物がひしめきあう密集した日常で感無量な気分になります。

こんな混沌とした奇妙な雰囲気と、我が身を迫るような建物のインパクトに圧倒されますよね。

まとめ(感想)


 

実は、今回、こちらの香港人気インスタ映えスポット「怪獣大廈」を知ったきっかけは、香港エクスプレスの機内誌による記事紹介でした。もちろん映画『トランスフォーマー』でも観ましたが、、

やっと有名なインスタ映えスポット「怪獣大廈」(モンスターマンション)に行けて本当に大満足で楽しかったです。ぜひ香港の人気「インスタ映えスポット」怪獣大廈(モンスターマンション)までに足を運んでみてください!

f:id:myhitachi:20181218231437j:plain

(↑ 撮影際の禁止事項)

ちなみに、人気「インスタ映えスポット」としてご紹介しましたが、怪獣大廈はあくまで一般住民が住んでいるマンションですので、撮影される際は、住んでいる方々にご迷惑をかけないようにしましょうね。

それと、香港の九龍黄大仙区に位置する 話題上昇中の団地「彩虹邨|Choi Hung Estate」(日本語訳:レインボー団地)も香港の人気インスタ映えスポットですので、良かったら合わせてご参考に!

香港の人気インスタ映えスポット「彩虹邨|Choi Hung Estate」に行ってきました!まるで童話の世界に住んでいる香港住民が羨ましい!

4 COMMENTS

myhitachi

dameningen-dameさんへ
コメントありがとうございます。
読んで頂きとても嬉しいです。
ぜひ、香港の現地にも行って頂き、この記事の写真のように楽しんでみてください。

返信する
myhitachi

ルパン座3さんへ
コメントありがとうございます。
確かに九龍城塞と似ていますね。
でもそこには行ったことが無いですね。
今度、ブログ記事アップのために行ってみたいと思います!

返信する

コメントを残す