在日中国人の帰化への道

日本在住8年目。日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・カード・映画・キャラクターのことも。

在日中国人が韓国旅行!中国人の韓国観光ビザの申請まとめ

f:id:myhitachi:20170621114523j:plain

在日中国人の海外旅行前に、各国の観光ビザ申請の紹介シリーズ、第四弾になりました。パチパチパチ(笑)

以前、記事を好評頂いた在日中国人の『タイビザ申請』や『台湾ビザ申請』、『シンガポールビザ申請』につき、今回は日本にもっとも近い国の『韓国ビザ申請』を紹介したいと思います。

はじめに

韓国と言えば、ソン・ジュンギ(송중기 = 宋仲基)を代表とする韓流アイドル、サムギョプサルなどをはじめとする韓国料理、韓服(朝鮮服)の韓国伝統服、新宿に激似のソウルの繁華街ミョンドン(明洞)などなど、ついに連想させられちゃいますよね。

実は、今年、人生2回目の韓国旅行がちょうど計画してあります。その関係で、韓国の観光ビザを申請しないといけない状況でもありました。

 

そういえばですが、何年前の昔、在日中国人(いわゆる、日本で中長期滞在ビザを所持している中国人)は、韓国経由で他国への乗り継ぎの際、観光ビザ無しでも韓国への短期滞在=韓国入国 が認められていた時期がありました!その時、中国帰省など、他国行きの航空券とパスポートを提示するだけで、簡単韓国旅行が出来ちゃいましたね。

しかし、現在、政治や安全面などの理由で、在日中国人でも韓国入国の場合、必ず事前にビザ申請が必要となりました!

在日中国人の韓国観光ビザ申請まとめ

では、最新の在日中国人の韓国観光ビザの申請について、紹介させていただきます。

ちなみに、私は日本で働いているため、就労ビザを所持している在日中国人を中心に、韓国観光ビザの申請紹介となります。

在日中国人の韓国観光ビザの申請場所 

韓国の観光ビザは、駐日本国大韓民国大使館の領事部 という申請場所となります。

f:id:myhitachi:20170621114906j:plain

■住所: 東京都港区南麻布1-7-32(民団韓国中央会館 3階)

■最寄り駅: 東京メトロ・南北線、都営地下鉄・大江戸線の「麻布十番駅」※

※下車、2番出口が一番近いです。

f:id:myhitachi:20170621115006j:plain

ここで、必ず、申請場所を間違いないように注意していただきたいです。実は、私は、なぜか領事部ではなく、大使館(韓国の在日大使が住んでいる場所?)のほうへ向かってしまって、結果、保安警察に領事部への誘導をされてしました。恥ずかしい経験でしたね、、

在日中国人の韓国観光ビザの申請提出書類

①査証発給申請書1部(多言語の統一フォーマット)

②顔写真1枚(横35mm×縦45mm カラー写真、背景白のみ)

③パスポート原本(有効期間6ヶ月以上)

④外国人の在留カード、及びその両面コピー (有効期間3ヶ月以上) 

※ 査証発給申請書(原本)のダウンロード場所:

http://jpn-tokyo.mofa.go.kr/worldlanguage/asia/jpn-tokyo/visa/issuance/visa/index.jsp

f:id:myhitachi:20170621115109p:plain

留意事項としては、

・査証発給申請書の紙は、領事部で原本をもらって記入してもらっても良いですし、自宅のパソコンで公式サイトから資料をダウンロードしてもらって、プリントアウトにした紙への記入も許されていますので、ご安心ください。

査証発給申請書に記入する文字は、英語OR韓国語のみとなります。

 ※ただし、中国人の御名前は、漢字で書く欄があるため、そちらだけは漢字でOKです。

・顔写真は、事前に査証発給申請書へ貼ると良いです。

・ビザの審査期間中に、パスポートは領事部に預かることになります。(約1週間程度を見ると良いでしょう)

 

上記は、あくまで個人経験からの留意事項となりますので、一切責任を負いませんので、予めご了承ください。

在日中国人の韓国観光ビザの申請手数料

観光ビザのタイプや、韓国入国回数によって、ビザ申請手数料が異なっています。

その一部、韓国観光ビザの申請手数料をピックアップしてみました。

■シングル(SINGLE)= 1回のみでの韓国入国が可能

・在留期間90日以内:4400円(非課税)

・在留期間90日以上:6600円(非課税)

■複数(MULTIPLE)= 複数回での韓国入国が可能

・2回韓国入国:7700円(非課税)

・韓国入国無制限:9900円(非課税)

 詳細は、駐日本国大韓民国大使館の公式HPに参考にしてみください。

http://jpn-tokyo.mofa.go.kr/worldlanguage/asia/jpn-tokyo/images/cont/res/121.pdf

ちなみに、申請手数料は、現金で受付窓口に交付することが受け付けられていません。

事前に、領事部の3階の入り口付近(エレベーターから出て、左側)に、切符販売機から、申請手数料の切符を購入していただくことをオススメとします。

在日中国人の韓国観光ビザの受付時間 

韓国観光ビザを申請するとき、ビザの受付時間やビザの配布時間に気をつけていただいたほうが良いでしょう。

■ビザ申請の受付時間:(平日)09:00 ~11:30

■ビザ交付の受取時間:(平日)14:00 ~16:00

在日中国人の韓国観光ビザの申請期間

 

公式によれば、原則:申請日から営業日3日間(駐日韓国大使館基準)かかると聞いています。ただし、ビザの審査過程の中で、書類不備などがある場合、ビザ申請の延びる可能性もあります。

実際、私の場合、火曜日申請 ⇒ その週の金曜日、ビザ降りました!最速の3日間は、本当にアリなんですね!さすが、、韓国人の対応スピード!

韓国の観光ビザはこちら!

今回、特別に無事取得できた私の韓国観光ビザをお見せします。 

(新版の韓国観光ビザ・参考見本)

f:id:myhitachi:20170621114523j:plain

 

ご覧の通り、パスポートに貼るタイプとなりますね。

また、実際、韓国の入出国後、韓国の入国審査官がこういうスタンプを押してくれたことがありました。

(2012年版の韓国観光ビザ見本)※現在失効中

f:id:myhitachi:20170621114617j:plain

シングル(SINGLE)タイプの観光ビザのため、1回韓国に入国したら、USEDという形で、韓国の観光ビザが失効されちゃいましたね。何だか悲しい、、ww

最後に(まとめ)

以上、在日中国人が韓国旅行の際、中国人の韓国観光ビザの申請をまとめて紹介しました。正直に、ご覧の通り、こんなに楽で簡単でかつ、スピーディーな観光ビザの申請ができるのは、在日中国人の私の経験上、韓国だけかもしれません!本当に感無量でたまりませんね!

さて、これ(観光ビザ)をもって、2泊3日の弾丸韓国旅行を行ってきます!後日、韓国旅行記にお楽しみにしてください。

 

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。