在日中国人の帰化への道

日本在住8年。中国と日本の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・フライト生活のことも。

Airbnb版の手荷物預けサービス・ecbo cloak(エクボクローク)とは?訪日観光客が待った新しいインバウンドサービスがすごい!

どうもこんにちは。ブログ管理人のいくぽんです。

民泊の貸し出しサービスである「Airbnb」が、全世界で流行っている中、日本でも熱いビジネスとなっています。自分の空いている部屋、マンションなどを訪日観光客(インバウンド客)に貸し出してもらって、副収入を得ようとする稼ぎ方法として注目されています。

実は、最近、人が寝る場所の提供だけではなく、手荷物が預かる場所の提供サービスも台頭しています!訪日観光客(インバウンド客)の待ち遠しい新しいインバウンドサービス、その名はecbo cloak(エクボクローク)としてAirbnb版の手荷物預けサービスを展開しています。

ecbo cloak(エクボクローク)とは?

サービスの概要:

ecbo cloak(エクボクローク)は、カフェやお店の空いているスペースに、コインロッカーと同料金で荷物を預けられるサービスです。


ecbo cloak - promotion movie/プロモーションムービー

サービスの運営コンセプト:

荷物のない世界を実現するために、「手ぶら観光」「荷物の長期保管」のためのサービスを運営しています。

サービスの特徴:

①手ぶらで観光

荷物を預ければ日本での観光が身軽にできる!

②コインロッカー代わり

大きい荷物なんだけど!コインロッカーがどこにも空いていない!などなどのコインロッカーにまつわる悩みを解決してくれる!

③事前に予約、あとから決済

現金ではなく、事前に登録したクレジットカードで楽々決済できる!

サービスの運営会社:

ecbo株式会社(エクボ株式会社)

 

ホームページHPリンク:

cloak.ecbo.io

 

ちなみに、サービスプランは非常にシンプルで分かりやすく、たったの2プランが用意されています。

・バッグサイズ :  300円/日

 ※最大辺が45cm以内の大きさのお荷物 (リュック、ハンドバッグ、お手荷物など)

・スーツケースサイズ :  600円/日

 ※45cm以上の大きさのお荷物 (スーツケース、ベビーカー、バックパックなど)

もちろん、民泊サービスのAirbnbと同様で、手荷物が置ける場所の提供側としてオーナーの登録もできます。なので、事前の審査が通れれば、新しい副収入の稼ぎ方法として検討すべきだと思います。

最後に(まとめ)

f:id:myhitachi:20170612210749p:plain

こちらの便利な手荷物預けサービス・ecbo cloak(エクボクローク)は、今年(2017年)1月から解禁されて以来、ヤフーニュース、NHK、TBSなどのメディアにも報道されていました。

まだまだ日本人に周知されていないサービスかもしれませんが、訪日観光客(インバウンド客)はすでに絶賛利用中の様子も伺えています!

今後ますます熱くなるインバウンド新サービス:Airbnb版の手荷物預けサービス・ecbo cloak(エクボクローク)、あなたもオーナーになってみては如何でしょうか。

最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き「在日中国人の帰化への道」ブログの応援をお願い致します!