在日中国人の帰化への道

日本在住8年目。日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・カード・映画・キャラクターのことも。

【ホテル宿泊記】クラウンプラザ・バンコク(Crowne Plaza Bangkok)宿泊体験レポート

f:id:myhitachi:20160928122640p:plain

タイ・バンコク市内にある高級ホテル、『クラウンプラザ ・バンコク ルンピニ パーク』(英語名:Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)、この記事は、『クラウンプラザ・バンコク』と略称させて頂きます。バンコク通の日本人なら、バンコク在住の日本人なら、誰でも知っているこちらのホテル。この前のバンコク旅行中に、ついに泊まってまいりました!パチパチパチ

では早速『クラウンプラザ・バンコク』の宿泊体験レポートを紹介したいと思います。

『クラウンプラザ・バンコク』外観

外観から見ると少し古く見えます。実は、ここのホテルは昔『パンパシフィックバンコク』というブランドでホテル経営してきましたので、それ以来の改装・ブランド変更で現在のままとなっています。

 

ここは1階の入り口です。タクシー到着の場合もちょうどここの正門前に停めます。 ドアスタッフはタイ人の男性2名で、笑顔で「サワディカップ」と歓迎してくれます。

f:id:myhitachi:20160923125130j:plain

スーツケースは、一旦ドアマンに預けてもらって、そのままチェックインに向かって行きます。もちろん、後の宿泊部屋に丁寧に運んでくれますので、安心を!

 『クラウンプラザ・バンコク』フロント

バンコクでは、安全面のため、ほとんどのホテルは1階にフロント・チェックインの設置機能がなかったようですね。『クラウンプラザ・バンコク』の場合もそうでした。まず、1階のエレベーターに乗って、23階にある受付・フロントに向かいましょう。

f:id:myhitachi:20160923125127j:plain

はい、23階でございます!ここに着いたら、なぜか女性スタッフから「いらっしゃいませ、サワディカップ」の言葉が耳に入ってきました!

f:id:myhitachi:20160923125125j:plain

そうなんです。ここのホテルは日本人の宿泊客が多く、いや、めちゃくちゃ多いですので、日本人スタッフの常駐も自然となっているわけです。英語に不安の日本人にとって、『クラウンプラザ・バンコク』のホテルは本当に宿泊すべきかもしれませんね。

f:id:myhitachi:20160923125055j:plain

チェックインは、ここのソファー椅子に座りながら、日本のホテル並のサービス対応で済ましました!

ちなみに、海外ホテルの場合、よくあるルームチャージはここにもあります。前払いで予約済みとか関係なく、チェックインの時、ルームチャージが必要となっています。ルールです!苦笑

できれば、事前にホテル代金を支払ったクレジットカードルームチャージに回しましょう。もし別カードを提示した場合、最初にネットで支払ったカードの提示をセキュリティーチェックのため、フロントスタッフに要求されてきます!(バンコクで2回ほど経験済み)

面倒にならないように、注意しましょうね。

それと、特別なサービスかどうか分かりませんが、チェックイン完了したらこういう手土産をゲットしました!タイ像のぬいぐるみです。子供じゃないですが、タイらしいお土産をもらえるだけで嬉しすぎます!うふふふ

f:id:myhitachi:20160923125058j:plain

『クラウンプラザ・バンコク』宿泊部屋

チェックインで頂いた嬉しい気分のままで、今回の宿泊部屋に向かいます。1階から上がってきたエレベーターと逆で、向こう側の2台エレベーターに上がります。とてもおしゃれなエレベーターじゃありませんか。

(下の写真は、宿泊部屋の階から撮った写真です)

f:id:myhitachi:20160923125100j:plain

なお、エレベーターから23階にあるレストランの全貌も見えます。ちなみに先にネタバレしますが、朝食はここに取りますよ。

f:id:myhitachi:20160923125101j:plain

エレベーターは28階に停まりました。落ち着く廊下がずらりと見えてきます。なんだか癒やされそうな雰囲気ですね。

余談ですが、エレベーターにはタイ人(夜世界の)女性がよく見かけます。噂によれば、泊まった日本人客が買ったらしいです。とにかく彼女の誘惑にならないように気をつけましょうね。笑 

f:id:myhitachi:20160923125115j:plain

さて、今回お世話になる部屋です(どちらか言えませんが)。木造のドアって頑丈・防音の気がしますけど、笑

f:id:myhitachi:20160923125059j:plain

では、カードキーをかざして、部屋の中にお邪魔します! 

f:id:myhitachi:20160923125103j:plain

おおーと、広い部屋(アップグレードされたみたい)ですね。ホテルの外観は古いですが、部屋はとても綺麗で、明るく改装されています。なにより清潔感があって、ちゃんと清掃が行き届いています。

f:id:myhitachi:20160923125102j:plain

リビングにあるなんとキングサイズ・ベッドです。広すぎますし、寝心地も良かったと思います!

f:id:myhitachi:20160923125104j:plain

f:id:myhitachi:20160923125106j:plain

ベッドの奥から部屋中を見ても、やはり広く感じています。ここに泊まると、日本でのストレスがなくなるは確信しました。笑

f:id:myhitachi:20160923125105j:plain

では、詳しく部屋にあるものを紹介させていただきます。

まず、入り口近くに飲食棚があります。洋酒やお茶、下にコンパクト冷蔵庫も入っています。一応有料なので、とくに触れていませんでした。

f:id:myhitachi:20160923125107j:plain f:id:myhitachi:20160923125114j:plain

また同じ近くに立派な衣装たんすがついています。

f:id:myhitachi:20160923125121j:plain

目の前に立つと、本当に大きい空間ですよ。

f:id:myhitachi:20160923125120j:plain

気になるここの中身は、こちらになります。金庫、傘、補充枕、ハンガー、パジャマなどなど入っています。スペース的には二人宿泊でも少し余裕があるかと思います。

f:id:myhitachi:20160923125118j:plain

トイレと浴室は、衣装たんすの逆側にあります。

f:id:myhitachi:20160923125117j:plain f:id:myhitachi:20160923125116j:plain

浴槽、シャワーは別々にあって本当にいいですね。トイレは一番奥のほうにあります。

また、大きな洗面所が付いてあります。これは嬉しいですね。

f:id:myhitachi:20160923125112j:plain

アメニティは正直にちょっとシンプルかもしれません。でも充実しているので、このぐらいなら文句とは言えませんね。笑

f:id:myhitachi:20160923125113j:plain

以上、『クラウンプラザ・バンコク』の部屋紹介でした。

また、部屋の窓からこういう景色が見えます。

f:id:myhitachi:20160923125108j:plain

バンコク市内の風景はなかなかいいですね。東南アジアの国の中で一番発展しているように見えます。高いビルが本当に多く、ここはタイ?みたいに疑いたいぐらいでした。

『クラウンプラザ・バンコク』プール

プールは、『クラウンプラザ・バンコク』ホテルの24階にあります。ジムと隣接しています。

タオルとお水は、受付スタッフが用意してくれますので、プール用の水着だけでを事前に着て行ったほうがいいと思います。更衣室は見つかりませんでした。

f:id:myhitachi:20160928135611j:plain f:id:myhitachi:20160928135608j:plain

天候がいつも熱いバンコクですが、この時期(9月下旬)雨が多く、プールの水温は若干冷たい感覚します。風邪に引かないように注意しましょうね。

f:id:myhitachi:20160928135609j:plain

ここ24階から、バンコク風景を眺めてみると、更にいい景色が見えます。詳細は現場に自分の目で見てみてください。笑

『クラウンプラザ・バンコク』朝食

朝食のレストランは、23階(フロントと同じフロア)になります。

f:id:myhitachi:20160928134502j:plain

上から見るだけで、もう素敵な食事場所だと分かりますよね。実は、ホテル宿泊のとき、一番楽しみにしているのはここの美味しい朝食です。笑

セルフサービスの食べ放題で、存分に食べられます。座席は、まず、食事棚の隣にあります。スタッフに案内してもらって、座った瞬間に、ドリンク(コーヒーかお茶か)の注文を聞かれます。また、卵料理の注文も聞かれます。ここは「目玉焼き」を食べてみたかったのですが、英語がわからなく、でも日本語の「MEDAMAYAKI」はなぜか通じたみたいですね。笑 さすが、『クラウンプラザ・バンコク』さん!ナイス!

豆知識ですが、バンコクで「目玉焼き」を注文したい場合、英語の「sunny-side up」と言えば、通じますよ。笑

f:id:myhitachi:20160928135612j:plain

また、外の世界と隣接している密封空間の座席も用意しています。気持ちよく朝食取れるなんで最高ですよね。

f:id:myhitachi:20160928135613j:plain

では、料理コーナーの紹介です。ここは(見えにくいですが)デザート、ケーキなどを用意しています。一番真ん中にあります。

f:id:myhitachi:20160928135615j:plain

隣にワイン棚が発見。でも朝食はワイン飲めないんで、失礼。。笑

f:id:myhitachi:20160928135614j:plain

バンコクのホテルなので、タイ料理ばかりかと思いましたが、日本の和食も用意していますよ。お寿司、鮭、納豆などなど、日本人に優しいホテルですね、『クラウンプラザ・バンコク』さん!笑

f:id:myhitachi:20160928134511j:plain

f:id:myhitachi:20160928134512j:plain

栄養バランスを考えて、野菜、サラダ、果物が多いですね。

f:id:myhitachi:20160928134504j:plain f:id:myhitachi:20160928134508j:plain

f:id:myhitachi:20160928134503j:plain f:id:myhitachi:20160928134507j:plain

なぜか、こちらのサンドイッチが美味しかったです。笑

f:id:myhitachi:20160928134505j:plain

ハム系の料理は豊富的でした。

f:id:myhitachi:20160928134506j:plain

それ以外、スープやジュース系のドリンクも用意しています。朝の栄養は本当に大事ですね。

f:id:myhitachi:20160928134509j:plain

とりあえず、こういう朝食をチョイスしてみました!では早速いただきます!f:id:myhitachi:20160928134513j:plain

 至福の朝は、これでおしまいです!

 『クラウンプラザ・バンコク』アクセス

正式な住所は、952 Rama IV Road | Suriyawongse, Bangkok 10500, Thailandとなります。タクシーで来れる場合、運転手さんがホテル名前を聞いても分からない方が多いようです。とりあえず、「Rama IV Road」(ラマフォーロード)と言えば、とりあえず周辺に移動してくれます。

 最寄り駅は、BTS(Sala Daeng駅)と地下鉄(Si Lom駅)になります。立地的には本当に便利で、アクセス条件が相当良いホテルです。

【宿泊の相場料金】

約12000円/日(朝食別途)※当時私の予約した時の値段でした。

 まとめ(感想)

f:id:myhitachi:20160923125129j:plain

『クラウンプラザ・バンコク』ホテルは、宿泊値段、立地条件、設備構造、日本人対応など本当に良かったと思います。とくにバンコク中心部で旅行や遊びが多い場合、ここに泊まるのは間違いないです。日本人客が多いので、もしかして新しい出会いがあるかもしれません。笑

ただ、しいて言えば、バンコクのどこのホテルにも同じ課題です。インターネット環境、無線WIFIの接続問題です。都度都度設定しないといけませんし、ブログ記事を書けないぐらい、ネットスピードも遅いのです。ここは改善してほしかったです。

といっても、『クラウンプラザ・バンコク』しかないポイントは、何より、日本人の観光町「タニヤ通り」に間近なとことです!

f:id:myhitachi:20160923125132j:plain

 カラオケ、クラブ、居酒屋、和食レストランなど、日本語の看板も日本語がわかる店員さんも、ここは日本人の天國とも言える観光地です。『クラウンプラザ・バンコク』に泊まれば、夜遅くても気軽に寄れますし、これがあるからこそ日本人客の多くは『クラウンプラザ・バンコク』に宿泊したではないでしょうか。笑

本当にここに泊まってよかったと私も思います。また次回バンコク旅行予定がありましたら、もう一度ここにしようかと思います。

最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。