在日中国人の帰化への道

日本在住8年。中国と日本の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・フライト生活のことも。

【ホテル宿泊記】FXホテル・台北(富驛時尚酒店)の宿泊体験レポート

台北で一日滞在の計画がありますが、どこのホテルに泊まれば良いのか相当悩みますよね。予算もありますし、Airbnbで民泊を取ろうと思いました。それにしてもいいホテルに泊まりたいというのは本音ですが、笑

それで、利便性とおしゃれな部屋の選択肢で、今回の台北滞在中に、『FXホテル・台北』(富驛時尚酒店)にお世話になることにしました!早速、宿泊体験レポートを紹介したいと思います。

『FXホテル・台北』(富驛時尚酒店)外観

到着した日は、台風16号の影響で、暴風と大雨だったため、外観を撮影する環境ではなかったです。ネット画像だとこういう外観が見えます。

f:id:myhitachi:20160921131237j:plain

f:id:myhitachi:20160921130948j:plain

 (上記、google検索で引用した画像)

 とにかく外観から見ると、ホテル全体がおしゃれに見えるのです。

『FXホテル・台北』(富驛時尚酒店)フロント

こちらは、入り口の右側にあるフロントです。受付スタッフの対応は、英語と中国語で堪能に接してくれました。とてもおしゃれな雰囲気でもしかしてここはラブホテル的な違和感もありました。笑

f:id:myhitachi:20160917221307j:plain

 FXホテル・台北(富驛時尚酒店)は、オフィスビルの階があります。宿泊部屋は、奥のエレベーター(1号機と5号機)に乗って、向かいます。

f:id:myhitachi:20160917221306j:plain

『FXホテル・台北』(富驛時尚酒店)部屋

 エレベーターから降りると、暗めな廊下が目に入ってきます。

f:id:myhitachi:20160917221309j:plain

f:id:myhitachi:20160917221310j:plain

では、いざ泊まる部屋に入ります。

f:id:myhitachi:20160917221316j:plain

今回、ダブルベッドルームですので、こういう若干狭さがある部屋になります。日本のビジネスホテルより広いですが、笑

f:id:myhitachi:20160917221311j:plain

f:id:myhitachi:20160917221312j:plain

 一人で泊まる場合、ゆったり感があるかもしれませんね。f:id:myhitachi:20160917221319j:plain

部屋の窓から、こういう夜景が見えます。交通シーンでなんとも言えませんが、悪くない風景でよしかと思います。

f:id:myhitachi:20160917221321j:plain

それと、シャワールームとトイレは隣接しています。お風呂がないタイプでしたが、一日滞在だけで十分ではないでしょうか。

f:id:myhitachi:20160917221314j:plain

f:id:myhitachi:20160917221315j:plain

とくにシャワールームは全面透明ガラスで設置されています。エロい感じで、やはりここはラブホテルのコンセプトを起用しているでは?と疑いたいぐらいでした。笑

f:id:myhitachi:20160917221318j:plain

ベッドルームから眺めてみると、こういう感じです。これは二人宿泊の場合、気をつけないといけない状況ですね。笑

f:id:myhitachi:20160917221317j:plain

こちらのホテルのアメニティは必要品なら揃えています。

f:id:myhitachi:20160917221324j:plain

f:id:myhitachi:20160917221325j:plain

 

台北弾丸滞在・ICE MONSTER(アイスモンスター)体験

 もし時間があれば、地下鉄『国父記念館駅』の付近にあるICE MONSTER(アイスモンスター)という有名かき氷店に行ってもいいかもしれません。客の大半は日本人ですよ!もちろん定番メニューのマンゴーかき氷が一番美味しいです。

f:id:myhitachi:20160917221241j:plain

f:id:myhitachi:20160917221252j:plain

まとめ(感想)

今回、天気の影響と1泊滞在のため、 FXホテル・台北(富驛時尚酒店)の宿泊体験は短い気がしました。

松山空港よりタクシーで約5分の距離で本当に利便性が良いホテルです。また、地下鉄『南京復興駅』の2番出口よりも近いので、アクセス上、文句なしのところではないでしょうか。

部屋の中身も紹介した通り、素敵な場所ですし、台北弾丸滞在なら悪くないはずです。もちろん朝食も提供してますが、あいにく早朝便のため、桃園空港に朝一で向かうため、朝ごはんをとる余裕がなかったです。ぜひ今度台北に寄るとき、FXホテル・台北(富驛時尚酒店)で宿泊と朝食を体験してみてくださいね。

ちなみに、今回の台北行きは、エバー航空のビジネスクラスで利用してみました。よかったら合わせて読んでみてください。

最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます!

過去記事