読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日中国人の帰化への道

日本在住8年。中国と日本の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・フライト生活のことも。

ANA国内線(羽田⇒那覇)プレミアムエコノミーの当日アップグレード体験!平会員の初挑戦なのに、奇跡の大成功!

トラベル

ご存知かもしれませんが、ANA国内線・プレミアムエコノミークラスの空席がある場合、普通席(いわゆるエコノミークラス、以下「エコ」と略称)航空券を持って、当日に限って専用カウンターで申し込んで、座席のアップグレードをしてくれます!

しかも通常、プレミアムエコノミー(以下、「プレエコ」と略称)の航空券を購入するより、ダントツ安くて、たったの9000円でプラスすれば済みます。またプレミアムポイントも高く付きますので、ANAの上級会員であるSFCを修行している方々にとって、一番の狙いとも言われています。

ANA国内線の当日アップグレードの申請場所

「当日アップグレード」申請前の航空券は、普通席(エコ)なので、一般的なカウンターで並んで、大人しく長い行列を待って、申請していくというお考えではないでしょうか?

いや、ちょっと待ってください。実は、ここじゃなくて、長い行列を後ろにし、楽に申請できる場所があるのですよ。それは、プレエコ航空券のプレミアムチェックインカウンターです。ここにも、ANA国内線の「当日アップグレード」が申請できるのです。

f:id:myhitachi:20160911165959j:plain

意外と知らない方が多いかもしれません。ANAは、「当日アップグレード」のお客様を優先対象として扱っているらしいですよ。上級会員やプレエコ客のフリをして、ANAの優先カウンターで「当日アップグレード」を申請していきましょう!堂々とでお願いします!笑

ANA国内線の当日アップグレードの申請流れ

ANAの優先カウンターで、「本日の行き便とアップグレード希望」との旨を受付スタッフに伝えましょう。QRコード付きの搭乗券と求められますので、それも予め用意しといたほうがいいですね。

今回は、羽田⇒那覇行きの人気路線のため、プレエコが満席かも?との覚悟で申請に参りました。苦笑

それで、受付スタッフがパソコンで操作し、プレエコ席数を確認してくれたところ、予想通り、満席との宣言でした!それで、「空席待ちしますか?」と言われてきました。

それでお願いしますと、こういう「空席待ち整理券」をもらいました。

f:id:myhitachi:20160911170123j:plain

もちろん、もし空席が幸いにある場合、現金・カード・アップグレードポイントを使って、「当日アップグレード」でプレエコ席に即変更してもらえます。

ちなみに、ANAプレミアムチェックインで、「空席待ち整理券」を発行してもらった後、そのまま、優先保安検査場を通れます。ここも優先会員扱いとなっていますね。

f:id:myhitachi:20160911170251j:plain

「当日アップグレード」狙いで、優先サービスされるかも!

っていうことは、仮に「当日アップグレード」狙いの目的ではなく、単なる「優先チェックイン」「優先保安検査場」だけのサービス狙いでも有りかもしれませんね。笑

そうなると、普通航空券(エコ)でも、すんなりと優先チェックインできるのですね。

ただし、羽田空港のようにANAプレミアムチェックインと優先保安検査場が同室の場合しか出来ません。この前提は忘れないで下さい。

他の空港(たとえば、那覇航空)の場合、プレミアムチェックインカウンターと、保安検査場は別々になりますので、「空席待ち整理券」だけだと、まだエコ平会員なので、残念ながら、このルールは通用になりません。

ANA国内線の当日アップグレードの空席待ち

優先カウンターで教えてもらったのは、出発時刻の15分前に、空席待ち客への案内連絡があるので、それまでに待ってくださいとのことでした。

なるほど、 空席待ちの場合、専用の空席待ち受付カウンター(保安検査場に入る前のほう)で、案内されますね。新千歳空港などはこのケースに当たります。

一方、羽田空港の場合、搭乗路線便の搭乗口の隣のカウンターにて案内されます。余裕があって、空席状況で、チェックインができるので、このケースが助かりますね。

当日アップグレードの空席待ちの案内順番について

それで、ディスプレイには、種別ごとで、待ち番号が表示されています。 自分の番号は、B11ですので、前にはすでに、何十人も待っている状況です。焦ちゃいました!

f:id:myhitachi:20160911170644j:plain

※写真は、新千歳空港で撮ったものです。

それで、この表示した案内順番の意味について紹介したいと思います。

種別S:ダイヤモンド会員

種別A: プラチナ・ブロンズ・SFCゴールド・シルバー会員

種別B: 一般客

種別C: 上記以外客

呼び出しの順番は、まず、種別S⇒A⇒B⇒C となり、同じ種別の中に、空席待ち整理券に書いた番号順で案内されます。

つまり、平会員の私は、早朝で、空港に着いて、空席待ち整理券を誰よりも早く取れた場合、B1の番号と付けられ、種別Bの先頭になります。同じ種別のBの中で、一番先に呼ばれ、当日アップグレードが先にしてくれます。

しかし、仮に案内時間前のギリギリで、ダイヤモンド会員が空席待ちを申請した場合、いくら平会員が何時間前の早朝で空席待ち整理券を取れたと言っても、上記の案内順番の通り、後で遅れて来た種別Sのダイヤモンド会員が、種別Bの平会員の私を乗り越えて、真っ先に当日アップグレードを優先的に案内されてしまいます!(*`へ´*)

不公平のように見えてしまうのですが、ANAにとって、ダイヤモンド会員は、上級中の上級会員なので、よくANA便を搭乗利用してくれた客には無論、一般の平会員より 遥かに優先してあげたいわけです。悪いのは、あまりANA搭乗利用していない自分みたいですね!苦笑

当日アップグレードの空席待ちにチャレンジ成功!

上記に説明した通り、平会員のいまの私は、空席待ち整理券を早めに取れても、先頭にダイヤモンドやSFC会員が待ってるので、まず平会員の私の順番に来ないだろうと、非常に厳しい現実が待ってます。

しかも、今回の搭乗予定の路線便は、「空席待ち整理券」が遅く取れたので、順番もかなり最後尾になっています!泣

でも、でも、ANA国内線(羽田⇒那覇)当日アップグレードは、結局、運が良すぎて、空席待ちチャレンジに成功しました!奇跡すぎるではないでしょうか? 

平会員がANA国内線の当日アップグレードに成功した理由

自分で、チャレンジ成功した理由は、こういうふうに分析してみました。

①空席待ちの案内が時刻通りされていない

そう、金曜日の午後なんで、地上スタッフが忙しいなのか?結局、空席待ち整理券に書いた時刻になっても正式的なアナウンスが流れなかったです。このせいで?空席待ちのほとんどの客がそのまま、いっぱい的に搭乗されてしまうことになったようです。

②空席待ちは、ギリギリ最後まで待ってみた

f:id:myhitachi:20160911170954j:plain

これは、もう本当に、搭乗締め切りの5分前に、ずっと搭乗口の辺りで待機してみました。もう誰もいないぐらいの時、突然、空席待ちの案内がされました。嬉しいw

しかも、自分の前には種別Sの空席待ちのダイヤモンド会員がいましたよ!まさかですよね。

でも、結局、まだプレエコ席が残っているので、他の上級会員が現場にいないですし、この平会員の私が、奇跡的にアップグレードしてもらいました!運が最高すぎるしか思えませんね!

※午後別便で、空席待ちした種別Aの友達は、あいにくチャレンジ失敗したみたいで、今も嫉妬されています。笑

まとめ(感想)

人生に一度しか来ない空席待ちチャレンジの成功、これに勝る幸せはないでしょうね。実は、その後、他の路線便にも同様に当日アップグレードをチャレンジしてみました。

ですが、空席待ちのチャレンジ結果は、今回以外、全滅でした。

那覇⇒千歳:予約満席のため、空席がなく、NGでした。

千歳⇒那覇: ダイヤモンド会員1名に空席とられてしまいました。

那覇⇒羽田 :上記と同様

こういう時こそ、ダイヤモンド会員の優位性がすごく実感できましたね。だから、SFCの上にあるダイヤモンド修行を目指していることは、正解かもしれませんね。

ダイヤモンド修行中のメンバー紹介

そういえば今現在、ダイヤモンド修行中の陸マイラーの先輩たちは、こういうメンバーがいます!羨ましすぎますね。

『テリヤマさん』※すでにダイヤモンド会員らしいです!

『のりさん』

 『AMFさん』

いつもブログを拝見して、陰で応援していますが、今後、ANAの戦場でも、陰で(優先される姿)を見送りします!

※心が痛いですけど (T ^ T)

長文となってしまいましたが、以上、在日中国人のANA国内線の当日アップグレードにチャレンジ成功した紹介でした。いつも読んでいただき、毎度ありがとうございます!

関連記事