読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日中国人の帰化への道

日本在住8年。中国と日本の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・フライト生活のことも。

【2016年花火大会速報】東京都板橋区のいたばし花火大会

エンタメ

毎年、恒例のいたばし花火大会は、この8月に行っています!今年2016年も同じ場所で、東京都板橋区の荒川でやります!早速、このいたばし花火大会の速報を紹介したいと思います。

f:id:myhitachi:20160806225207j:plain

第57回いたばし花火大会の詳細

■いたばし花火大会の日程:

 2016年8月6日(土)19時〜20時半

■いたばし花火大会の会場:

 東京都板橋区の荒川南岸

■会場までの最寄り駅(一般席):

 都営三田線の高島平駅(読み方:たかしまだいらえき)

 ※有料席の場合、西台駅か蓮田駅で降車

■いたばし花火大会の特徴:

 都内最大の尺五寸玉

 関東最長級700メートルの「大ナイアガラの滝」

 打ち上げ数、約1万2000発

 参加人数、約52万人(2015年実績)

 人気花火大会ランキング、関東第3位

いたばし花火大会の速報

関東エリアで、人気の花火大会ですので、17時ごろの都営三田線は、すでに、満員電車状態で、平日通勤よりもかなりの混み具合でした。浴衣の方は、きっと車内のサウナ温度に耐えないでしょうね。笑

最寄り駅は、高島平駅といつもアナウンスされていますが、実は、高島平駅の次の駅、新高島平駅で降りたほうが、おすすめします。なぜかというと、途中の荒川を超える橋があって、高島平駅からのルートでは、それほど広くない1本だけなので、相当混みすぎますし、体力もかかります。スムーズに会場まで迎えたい方は、新高島平駅にしたほうがいいかと思います。

f:id:myhitachi:20160806225529j:plain

19時スタートという時間ですが、まずはお偉いさんたちのご挨拶など、毎年定例のスピーチなので、少し遅れて会場に着いても、大丈夫ですよね。

その後、10からのカウントダウンで、ようやく、第57回いたばし花火大会の開始です!

f:id:myhitachi:20160806225656j:plain

ボンボンボンボン・・・・ って最初の連続花火で、ついに立ち止まって見上げたくなりますね。本当にキレイで、素敵な花火です!

そして、タイミングよく定例の警備員さんが「止まらないでください」との声は、終始、耳に入り込んできますので、殺風景の声に苛立つ前に、さっさと会場中心に行きましょう!笑

ちなみに、今回も新高島平駅方面からのルートで向かっていました。しかし、途中は、自転車や警備員以外、屋台が一切ありませんでした。実際、去年は、このあたりにありましたが、今年がないことはちょっとショックでした。

もしかして取り締まりの強化かなと思いながら、会場のど真ん中に、待望した屋台がありました!超長い列で、諦めずに並んでみました。

f:id:myhitachi:20160806225743j:plain

でも残りは、焼き鳥しかありません。ワンコイン500円の贅沢もの、仕方なく購入しました。残念なことに、冷めていますし、味も超まずいです。これは完全に冷凍品で解凍したままでの販売ですね。なので、会場真ん中にある屋台は、絶対買ってはいけません!

この教訓は一生忘れないでくださいね。

さあ、続けて、板橋区の夜空に放った花火を楽しみましょう! 

f:id:myhitachi:20160806225935j:plain

f:id:myhitachi:20160806225812j:plain

f:id:myhitachi:20160806225856j:plain

また、途中の20時ぐらいで、恒例のサントリー金麦の三本締めもあります。今年の三本締めはちょっと勢いが薄かった気がしますね。笑

その後、都内最大尺5寸玉のショータイムです!それと、妖怪ウォッチのキャラクター花火もあります。子供にきっと喜ばしいでしょうね。※途中で、カメラのバッテリーが切れてしまい、写真投稿出来なく、すみません。

最後に

50万人以上の来場なので、帰りの電車もちゃんと注意したほうがいいですよ。だいたい15分終わる前に、早めに移動して帰るようにしています。

始発の高島平駅といっても、この日の電車は、本当に混みますよ!

以上、第57回いたばし花火大会の速報でした!毎年、美しい花火を眺めながら、日本人の花火師の技術がすごいなと感心しました。

このような花火ショーを魅せてくれて、本当に感謝します!やはり日本に在住しないと、こういう日本魅力を感じないかもしれませんね。日本、最高!笑