読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日中国人の帰化への道

日本在住8年。中国と日本の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・フライト生活のことも。

人生初の一眼レフカメラ。キャノンEOS Kiss X7の初体験。

ライフ

これまでのブログ写真は、いつもiPhoneで撮影して撮ったものでした。別に高画質などの写真を求める必要もないし、そもそもiPhoneで撮った写真は、ブログ閲覧上、支障ないから、プロのようなカメラ撮影に拘っていませんでした。

しかし、他のブログ先輩の記事を読んでいるとき、写真の綺麗さや、背景とのぼやけさなど、毎度惚れるぐらい羨ましすぎでした。

いつか、自分も、良いカメラでいろんなことを写真撮って、自分のブログでたくさんの人に読んでもらいたいと思うようになりました。

 それで、ついにこの前の誕生日で、自分のために、ある念願の誕生日プレゼントを買っちゃいました。それは、人生初の一眼レフカメラ!キャノンEOS Kiss X7 でございます。

それは、こちらです。ジャーン!

f:id:myhitachi:20160718144516j:plain

ホワイトボディで、グレイと混ぜ色、とてもおしゃれに見えると思います。

キャノンEOS Kiss X7

実際、こちらのホワイト機種は、2014年発売されていました。今から見るとやや古い機種かもしれませんが、当時でもいくつか魅力的な特徴があって、それで購入したわけです。

①世界最小・最軽量の一眼レフ

当時で一番の売りかもしれませんが、今でも手に入れた瞬間、ほかの高機種と比べてかなり軽い気がします。だって、レンズと本体こみで約410gですよ。これで、旅中でも携帯のストレスがまず無いと思います。

なによりコンパクトの一体感で、つい愛用しちゃいそうな気分になりますね。

②手頃な購入値段

一眼レフカメラといえば、レンズとボディで、何十万というイメージがよくあります。これも初心者にとってなかなか手が出せない一つの理由かもしれません。しかしEOS Kiss X7は、現在、ダブルレンズキットだけで、約50000円台で抑えられます!

これは、本当に一眼初心者にとっての朗報じゃありませんか?笑

③ダブルレンズキットで十分

プロのカメラマンなら、きっといろんな場面に合うレンズを購入するはずです。ブログで写真掲載や家族間で楽しめる場合、最初、購入した機種に付いているレンズだけで当分、大丈夫だろうと思いますよね。

特に今回、EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM(ホワイト)というレンズがセットで付いています。本当に日常生活に苦労しない、うまく撮れるズームレンズです。コスパ的にも、これがあれば、買わないと損な気がしますね。

キャノンEOS Kiss X7の初体験

では、初心者でもこの機種を堪能できるのか、最初、私も不安だらけでした。しかし、説明書を読めなくても、実は、何回写真を撮ってみて、すぐでも使えるようになっていました。

※簡単撮影機能があった分、初心者にとって一番嬉しいことです。

ちょうど三連休で、池袋にある某イタリアンレストランに行ってきました。その状況をEOS Kiss X7の写真で伝えたいと思います。

(おしゃれな入り口です)

f:id:myhitachi:20160718151032j:plain

(こちらは2階の室内です。とっても優雅な雰囲気です)

f:id:myhitachi:20160718151324j:plain

(最初、ウェルコムドリンクの登場です!)

f:id:myhitachi:20160718151448j:plain

(単品で注文しましたが、こちらは前菜です。)

f:id:myhitachi:20160718151837j:plain f:id:myhitachi:20160718152252j:plain

(続いて、メインディッシュです。)

f:id:myhitachi:20160718152621j:plain f:id:myhitachi:20160718152729j:plain

 (最後のデザートです。)

f:id:myhitachi:20160718152839j:plain

 (メインディッシュに合う白ワインもチョイスしました)

f:id:myhitachi:20160718152955j:plain f:id:myhitachi:20160718153055j:plain

ちなみに、このイタリアンレストランの名は、「Tante Grazie」(タンテグラッツィエ)です。ご興味がある方は、ぜひ食べに行ってみてください。

本当にお酒も料理も美味かったですし、雰囲気も最高でした。なんと4階建てのちょう広い場所なのに、池袋西口の穴場で、入ってくる客が少なかったのです。

最後に

人生初めての一眼レフカメラは、 キャノンEOS Kiss X7にしちゃいました!運命の出会いと思うぐらい、これからも大切に使ってみたいと思います。

写真の背景は、ぼやけることが今までiPhoneの力で実現できませんでした。しかし、EOS Kiss X7があって、今後、簡単にプロカメラマンに近づけることができるかもしれません。笑

関連記事