読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日中国人の帰化への道

日本在住8年。中国と日本の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・フライト生活のことも。

外国人にも受ける東京都心の穴場!等々力渓谷に行ってみた!

トラベル

東京都心では、現代化のわりに、人混みでうるさいイメージがよくあります。しかし、地方の町は、静かで自然豊かですが、そう簡単にはすぐ行けませんね。

そのなか、東京都心にある穴場に行ってみました。騒ぎの都心から離れる、実に都心に存在している異世界、等々力渓谷に行ってみました。

等々力渓谷(とどろきけいこく)の概要

読み方は日本人でも読みにくいかもしれませんが、「とどろきけいこく」と読み、「等々力渓谷」と書いています。

この等々力渓谷は、実は東京23区唯一の渓谷だそうです。東京都に指定された「名勝」でもあります。

しかも高級優雅な世田谷区のど真ん中にあるらしいです。

場所は、東京都世田谷区等々力1−22、2ー37〜38 です。

電車のアクセスとしては、東急大井町線の「等々力駅より、徒歩約5分の距離です。

f:id:myhitachi:20160627232715j:plain

等々力駅に到着

東急線沿いの住民はいつも憧れの存在です。

なぜかというと、代官山、自由が丘、中目黒などおしゃれな場所ばかり通っている電車路線なので、それは当然羨ましいですよね。

f:id:myhitachi:20160627233010j:plain

今回の大井町線は、大井町駅〜溝の口駅で、割りと短い路線ですが、自由が丘や二子玉川も通っていて、乗車している客も普段の三田線とまったく違う雰囲気で、相当上の気がしますね。

12時ちょうど、等々力駅に着きました。

f:id:myhitachi:20160627232924j:plain

実際、見てそれほど大きくない駅ですが、周辺住宅と一体化されて、圧迫感もなく、とても馴染みがある存在でした。

等々力駅周辺案内図

f:id:myhitachi:20160627233050j:plain

ランチは、Higepapa cafe(ヒゲパパ)にした!

等々力渓谷は、駅から徒歩5分でも行けますが、その前にまずお昼のランチタイムです。

本日は、こちらのおしゃれそうなHigepapa cafe(ヒゲパパ)にしました。

f:id:myhitachi:20160627233134j:plain

確かに成城石井の向こう側にありました。

店内は15人ぐらい座れるスペースです。お店の運営は、夫婦らしい?二人組みでした。

f:id:myhitachi:20160627233218j:plain

ちなみに、店主と思われる男性は、ヒゲあります!だからヒゲパパかもしれませんね。笑、いや、むしろ犬の名前がヒゲだから、飼い主がその犬のパパ?になるってことかもしれませんね。

メイン料理は、しめじとアサリの生スパゲッティです!

f:id:myhitachi:20160627233304j:plain

生スパゲッティなので、面の弾力がすごかったですね。

しかし量と料金は、正比例ではありません!コスパ的にはそう思いませんね。味は自家製の料理の味なので、不味くはないです。まぁ、個人的にはリピーターにしないかもしれませんね。

コックは一人しかいませんので、料理が出るまで少々時間かかります。

ごちそうさまでした!

ということで、等々力渓谷に向かいます!

世田谷区の町環境は相当綺麗すぎます。地面には等々力渓谷行きの案内図も描かれていました。人優しい町でもありますね。

f:id:myhitachi:20160627233344j:plain

等々力渓谷は、成城石井のすぐ裏にあります。迷いなく、とても分かりやすい場所です。

渓谷歩道入り口付近にある案内場所です。

f:id:myhitachi:20160627233446j:plain f:id:myhitachi:20160627233519j:plain

味がある入り口ではありませんか?笑

f:id:myhitachi:20160627233700j:plain

この入り口(階段)を降りると、すぐ、撮影名所が見えますよ。

ゴルフ橋」と呼ばれる赤色胴体の歩道橋です。

f:id:myhitachi:20160627233742j:plain

今回写真はすべてモノクロにしてみました。実際、現場でぜひ、この素敵な彩色を体験してみてください。 

f:id:myhitachi:20160627233815j:plain

基本、渓谷の小川沿いに沿って、歩道に歩いていきます。

f:id:myhitachi:20160627233844j:plain

前夜が雨降ったのか?わかりませんが、道は少し滑りやすかったので、気をつけて移動しましょうね。

f:id:myhitachi:20160627233909j:plain

豊かな緑、渓谷の水音、涼しい天候、本当に東京に居ていないような、別世界です。

f:id:myhitachi:20160627233940j:plain

 この日、土曜日なのですが、まだそれほど混んでいませんでした。やはりまだ知られてない穴場でしょうか。 

f:id:myhitachi:20160627234026j:plain

等々力不動尊まで300メートル。

f:id:myhitachi:20160627234110j:plain

どんなところでしょうか。楽しみですね。

更に奥に歩いてみると、谷沢川の看板が見えてきます。

子供もはしゃいで遊んでいましたね!家族連れのグループも何組もいました。

f:id:myhitachi:20160627234140j:plain

等々力不動尊境内に入ります!更に緑が多くなる気がしますね。

紅葉みたいな葉もありました。

途中で、「雪月花」の休憩所がありました。

f:id:myhitachi:20160627234244j:plain f:id:myhitachi:20160627234319j:plain

有名物、くずもち食べたかったのですが、

等々力不動尊境内

それで、いよいよ高台にある、等々力不動尊にお邪魔しました。

f:id:myhitachi:20160627234419j:plain

f:id:myhitachi:20160627234500j:plain

参拝してから、「四季の花」のお店で、チョコミント味のアイスクリームに注文しました。

f:id:myhitachi:20160627234524j:plain f:id:myhitachi:20160627234554j:plain

美味しくてとっても至福な時間でした。

広い境内では、このような龍の形の蛇口があって、びっくりしました。中国の皇宮にあるようなもので、古くある日中文化の交流の印かと思いました。

f:id:myhitachi:20160627234708j:plain

 一番高いところから一望にすると、綺麗な風景に見えます。ここに来て、本当によかったと思いました。

f:id:myhitachi:20160627234754j:plain

帰り道では、違う道に寄ってみて、紫のあじさいも発見しました。ぜひ探してみてください。

なぜか、帰り道は、「雪月花」の裏横に寄りました。小池があって、その中に、何匹かの鯉が泳いでいます。

f:id:myhitachi:20160627234828j:plain

自然とともに生きてていいですよね!

約1時間ぐらいの等々力渓谷の探検で、終わりました。

最後に

以上、世田谷区にある「等々力渓谷」に行ってきました。

渋谷からなんと20分でいける都心のオアシスとも言われている素敵な場所でした。ちょっと仕事に疲れた週末、誰かと一緒にゆっくり過ごしたい時、オススメとする都内の穴場ですので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

関連記事