読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日中国人の帰化への道

日本在住8年。中国と日本の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・フライト生活のことも。

プライオリティパスの強敵!中国のドラゴンパス(龙腾卡)とは?

空港ラウンジを楽しめる最強のカードは、プライオリティパスと言われています。LCC航空会社の利用にしても、エコノミークラスにしても、このプライオリティパスを持ってみれば、ラウンジに入室ができ、落ち着く空港タイムが過ごせるわけです。

イギリス生まれのこのプライオリティパスですが、日本の空港だけではなく、海外の空港でも使えることで、陸マイラーにとって本当にありがたい一枚の神カードであります。

その一方、プライオリティパス提携の空港ラウンジでは、よくこういう標識をご覧になったことがあるではないでしょうか。

f:id:myhitachi:20160624222108j:plain

※成田空港第2ターミナルにあるIASSラウンジ

小さいので、拡大してみると、こちらの標識が書いてありました。

f:id:myhitachi:20160624222255p:plain

実は、このカード、プライオリティパスの強敵とも見なされ、中国生まれの空港ラウンジのカードなのです。その名は、ドラゴンパス(中国語:龙腾卡)でございます。

ドラゴン=中国を象徴とする。パス=通行証を意味する。

果たして、このドラゴンパス(以下DPを略称)が、プライオリティパス(以下PPを略称)の強敵かどうか、早速紹介したいと思います。

ドラゴンパス(中国語:龙腾卡)とは?

f:id:myhitachi:20160624220313p:plain

・2013年〜 空港ラウンジのサービス提供開始

・運営会社:中国广州龙腾出行网络科技股份有限公司

・サービス内容:全世界800ヶラウンジ提携サービス、100ヶ空港VIPコンシェルジュサービス、80ヶ都市配車サービス。

・会員ステータス3段階あり

ドラゴンパスの特徴

①空港ラウンジ以外の鉄道ラウンジも利用OK

DPはPPと同じように空港ラウンジサービスがありますが、PPが提供できないラウンジサービスもあります。

例えば、中国新幹線(中国では「高鉄」と読む)のVIP鉄道ラウンジは、DPしか利用できません!さすがに中国の国営鉄道なので、外資系の出番がここにはないですよね。

f:id:myhitachi:20160624222838p:plain

※gettyimages引用画像

②VIPコンシェルジュサービス

こちらは、提携空港(中国がメインですが)で、コンシェルジュによる代理チェックイン、手荷物預け、空港ラウンジ案内、専用セキュリティレーン案内など利用できるサービスです。これは、ファーストクラスらしいサービスじゃありませんか?すばらしいですね!

f:id:myhitachi:20160624223041p:plain

gettyimages引用画像

③配車サービス

空港と市内の配車移動サービスです。事前予約で使えるのですが、普通ホテルで、受付にお願いすれば、できるのは決して魅力とは言えませんが、中国生まれのDPはここまで提供できることは素敵ですよね。

f:id:myhitachi:20160624223308p:plain

gettyimages引用画像

ドラゴンパスとプライオリティパスの比較

では、DPとPPは、両者には実際、どこまでの違いがあるでしょうか。このようにまとめてみました!

f:id:myhitachi:20160624225909p:plain

いかがでしょうか。

空港ラウンジ数なら、やはりPPのほうが上ですが、配車サービスと、空港VIPコンシェルジュサービスは、DPがダントツ上ですね。

中国によく出張する方は、いいかもしれませんね。

それと、ご存知で、PPは楽天プレミアムカードなどのクレジットカード所有すれば、無料でもらえます。DPもあります。

しかし、大体プラチナ以上のクレジットカードとか、無料で付くサービスになります。なので、中国でこのDPを持っている人は、ほぼ金持ちと見なしてもいいぐらいだと思いますね。笑

最後

DPの所有者数は非公開ですが、ご想像の通り、ほぼ中華系が多いかと思います。この中国系DPと世界系PPは、これからどのようなライバル関係になるのか、本当に気になりますね。

まぁ、日本に滞在している人なら、当分DPと無縁かもしれませんが、今度、プライオリティパス(PP)提携ラウンジの利用の際、このドラゴンパス(DP)を持っている中国人がいるかどうか、ぜひ観察してみてください。

 

関連記事