読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日中国人の帰化への道

日本在住8年。中国と日本の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・フライト生活のことも。

【あなたの知らない】中国人の私が思った日本企業の三大怪現象

日本に就職来て約7年経ちました。今まで、東部上場の大手企業や、ベンチャー企業、ブラック企業に在職して、様々な業界の方々と出会ってました。その出会いと経験のお陰で、日本企業に馴染むような社会人になった気がします。

例えば上下関係の縦社会で、目上の人に敬語、後輩にタメ口、言葉使いとその切り替えは慣れてました。仕事をスムーズする上に「ホウレンソウ」を常に意識してるとか、慣れなかったことや理解できかなったことは、かなり多く受け入れてます。ドMかもしれませんね、笑

しかし、日本企業で働いてて、いろんな経験している中、どうしても受け入れられないことがやはりあります。その中から、在日中国人の私が思った日本企業にある三大怪現象を厳選して、今回の記事で紹介したいと思います!

 

三大怪現象① ストレスがある定番言葉!

f:id:myhitachi:20160607222849p:plain

ビジネスメールの冒頭で、社内なら「お疲れさまです」とか、社外なら「お世話になります」とか、メールの最後に「よろしくお願いしますと」か、よく使ってますよね。 正直に毎日これらの文字を見て、気持ち悪くなってます。笑

・朝から疲れたの?

・初めてメールするのにお世話にされたの?

・なんでも「よろしくお願い」なの?

このような疑問がありましたね。まぁ気持ちを込めた言葉なら適切頻度でいいと思います。しかし実際、恐らく皆さんはコピーペか、自動入力か、感情が入ってないのに、無理やりでこの定番言葉を使ってるじゃありませんか。

【結論】

こちらの日本企業の怪現象を無くしてほしいですね。

たとえば、英語ビジネスレターのように簡潔でメールでやりとりすれば、いいじゃないでしょうか。ストレース無しでコンタクト取ればすっきりしますけどね。

ちなみに、英語では「お世話になります」っていう直訳の言い方がないですよ。

三大怪現象② 社内なのに、靴を脱ぐ!

f:id:myhitachi:20160607223039j:plain

これは日本会社にいる時だけではなく、実はバスとか、図書館とか、とにかく長時間座るとき、靴を脱ぐ人が多くいます。

ビジネスクラスならスリッパがあって、良いと思います。しかし、会社環境において、足が楽にして、仕事の効率が上がるかもしれませんが、正直にその足臭さとか匂いませんか。環境汚染になってしまいますよ。これは日本に来て、一番驚きなことでした。

実は、中国では、農民工(農村出身の出稼ぎ者)らしき人ぐらい、よく公共場所で靴を脱いだりするのです。礼儀がないと思われているからです。まさかマナーが良い日本人がそのことをするとは思わなかったです。

【結論】

その足が臭くなければ、まだ許容できる範囲とする。ただし、会社なので、やはりスリッパに切り替えたり、しっかりした足格好でお願いしたいですね。

三大怪現象③ やることがないのに、無意味で残業!

f:id:myhitachi:20160607223716j:plain

これは世界からも見ると、本当に日本の独特な企業文化かもしれません。どうしても今日中やらないといけないことがあれば、残業しても仕方ありません。 ここでいう怪現象というのは、下記の残業事情です。

・上司がまだ帰っていないので、その上司を待って、残業する。

・定時になって、やることがないのに、みんな帰る気配がないので、残業のフリをする。

・残業=評価、とにかく遅くまで仕事をする残業主義

日本企業で働いている皆さんはもしかして、どれか当てはまっていますではないでしょうか。残業というより、その退社の上がりタイミングって、なかなか捕まえ難しいですよね。

私は最初は普通に定時で上がった日々でした。なんと、後日、上司(別チーム)から説教されたことがありました。

「みんな忙しいのに、なぜそんなに急ぎで帰っちゃうの?」と。

最初は「は?あなたと関係ないでしょう」と思ったのですが、「郷に入れば郷に従え」という日本の何でも通用できる言葉のせいで、普通に残業しているように心がけていました!(いわゆるクソ社畜になってしまいました!)

【結論】

残業文化は、日本企業の一大怪現象。日本で働いている外国人なら誰でも同感していることであります。これは何世紀に渡っても、恐らく変えられないことだと思います。

なので、最近水曜日はノー残業デーという社内規定があるわけです。そもそも残業が可笑しいので、そのノー残業デーも日本しか存在しない怪現象でもありますね。

最後に

いかがでしょうか。このような日本企業に存在している三大怪現象ですが、あなたの周りに起きているではないでしょうか。皆さんは普通に受け入れていると思いますが、外国人の私にとっては、恐らく一生理解できない事情でもあります。

でも、ほかには、すごいと尊敬する現象もあります。

同じ会社で定年まで働くとか、その日本人の会社に対する奉仕精神(昔もっとあった)はすごいと思います。「納品後の月末締め、月末払い」のような決済条件とか、日本の商習慣上で、お互いの信頼があるからこそできることだと思います。

良い面もあり、良くない面もあり、どの国でもありますが、日本企業ではその目立つ両面があることは実に面白いです。

 

関連記事