在日中国人の帰化への道

日本在住8年目。日本と中国の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・飛行機・カード・映画・キャラクターのことも。

【あなたの知らない】中国しか存在しない「当たり屋おばあちゃん」事情を暴露

f:id:myhitachi:20160524224809j:plain

 突然ですが、最近中国で、ある保険が流行ってることをご存知でしょうか。名付けて、「扶老人保险」( 中国語意味: 当たり屋おばあちゃん保険)です。 この保険と関係する当たり屋おばあちゃんの事情をどうしても、日本のみなさんに紹介したくて、このタイミングで記事を書いてみました。※ネタ忘れないうちに、笑

ぜひ記事の最後まで珍味してみてください。

尊老愛幼の中国流

当たり屋おばあちゃんの話の前にまず、こういう中国事情を先に話しときます。

よく教科書でも書いた通り、古くの中国では、仏教とか儒教とか、そういう教義のもとに、たくさん良い風習・伝統・文化が生まれてきたと言われています。

その中には、お年寄りさんを尊敬せよ、幼児を愛せよという「尊老愛幼」の美徳風習もありました。

たとえば、電車やバスの中で、立っているおばあちゃんやおじいちゃんに心を込めてお席を譲ってあげたり、子供が怪我にならないようにちゃんと守ってあげたり、このような当たり前のことは、美徳教育としても教わりました。

特に毛沢東時代で、一番有名な模範モデルは、雷鋒(音読み:レイフォン)という方が政府によって全国で紹介され、次第に「尊老愛幼」の代名詞にもなったほどでした。

この時代の中国人は本当にまだまだ純粋で、品性が良かったと言われています。

当たり屋おばあちゃんが中国全国の風靡に

ここまで良い話でしたが、

経済の急成長を成功させた中国人は、良い美徳風習より金銭を中心に追求するような人々がその後、だんだんと増えてきました。

そこで、まだ「尊老愛幼」を重視している善人たちを狙って、その心の優しさを落とし穴にして、金銭目当てを騙す人たちが現れました。

このようなシーンです。

ある日、おばあちゃんAが、地面で滑ってて、倒れました。

そこで、周りの通行人Bがそれを目撃にして、すぐ倒れたおばあちゃんAを助けようとしました。

※まぁ普通、これを見た人は誰でもする、見捨てはいけませんよね。ここから本番です。

通行人Bに助けられるおばあちゃんAは、後で訪れた息子Cに対して「このBが私をわざと倒した!悪いのは全部Bだ!」と主張しながら、なんと全責任をそのBに押し付けさせようとしました。

息子Cはこれを聞いて通行人Bに何百万円の賠償金を求めようと喧嘩しました。結局、おばあちゃんAが滑って倒れた証拠が見つけず、最後、裁判まで起こしたところ、通行人Bが数万円を払ったことで、おばあちゃんAたちと和解を遂げました。

とんでもない当たり屋おばあちゃんですね。

助けてくれる善人の優しさを騙して、お金を取ろうとするなんて本当に最低だと思いますよね。またその最低行為のせいで、可哀想な通行人Bのような被害者たちは中国の全国で、一年だけでも数千人の被害報告もありました。

更に、自分がやっていないことを証明するために、自殺した通行人Bも何人かいました。怖い話ですね。

次第に当たり屋おばあちゃんの話題は、もちろん中国ネットでも炎上されました。一時期、普通に街中で倒れたおばあちゃんを見たら、絶対助けてはいけまないと暗黙のルールが中国人同士の間に溢れていました。

これを知らず、中国に観光している外国人も実際被害をうけたこともいました。本当に怖いですね。

あ、そうだ、実際、中国では、このような当たり屋おばあちゃんをテーマにした映画もありましたよ。ストーリーも面白かったので、ご興味がある方はぜひ、参考でyoutubeで観てください。

 

◆映画タイトル名:『离开雷锋的日子』

(直訳:模範雷鋒を離れた日=奥の意味:「尊老愛幼」精神を無くした中国の日常)


【经典电影】 离开雷锋的日子 (片长90分钟)

 当たり屋おばあちゃん保険の登場

当たり屋おばあちゃんの大盛況?の背景があって、ついに、こういう朗報(ビジネス)が現れました。

それは、当たり屋おばあちゃん保険(扶老太保险)の登場です。

・保険名:当たり屋おばあちゃん保険(扶老太保险)

・保険想定シーン:もし万が一、街中であなたが助けた当たり屋おばあちゃんに脅されたら

・保険価格:一年でただの50円

・保険支給金額:30万円以内 ※裁判訴訟費用限定

こんな保険あり?と思うかもしれませんが、実際本当に販売されています。しかも中国の最大通販サイト「TAOBAO」でも売られています。

販売公開後、なんとただの3日間で、約2.6万人が購入したらしいです。 保険効果は果たして期待できるのか、わかりませんが、やはりこの相場の保険なら、私でも入りたいぐらいです。

これがあればこそ、安全安心で中国全土で倒れたおばあちゃん(当たり屋おばあちゃん)を助けても困らないことになりますね。

いや、むしろ倒れたおばあちゃん(当たり屋おばあちゃん)を助け放題になります!笑 お金さえあれば、何でも解決できる中国の新しい事情でもありますね。

いかがでしょうか。本当にこのような変わったこと は日常茶飯事みたいに中国でよくあります。これからも、日本人のみなさんが知らない中国事情を中国人目線でもっと紹介していきたいと考えています。どうぞお楽しみを!

以上、最後まで読んでいただき、毎度ありがとうございます。引き続き、本ブログの応援をお願い致します!ご参考になったら、はてなブックマークのご登録もお願い致します!ご協力とご応援に感謝いたします。