読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日中国人の帰化への道

日本在住8年。中国と日本の話題ネタを紹介します!趣味の旅行・フライト生活のことも。

【成田⇒台北】トランスアジア航空でビジネス搭乗記

トラベル

※この記事は2016年11月24日更新済み

台湾のトランスアジア航空ってご存知でしょうか。

現地では「復興航空」と言うものです。これでも分からない方には、ヒントをあげます。最近、あの話題のよく墜落事故がある航空会社です。でも今はすでに解散決定で大変遺憾なことです!

実は、この事故多発のトランスアジア航空ですが、海外往復便の場合、あまり発生していないそうです。といっても近距離の台湾国内線の場合、相当怖くて、台湾人の搭乗率は低いようです。

 

しかし、事故有名でひどい搭乗率を持っていたトランスアジア航空は、何故か満席に近いほど、チケットを取りづらくなかったのです。それは、最近、割安チケットのアピールが効果的かと個人的に思っています。

ちょうど今年の1月末、台湾旅行に行くため、このトランスアジア航空を利用してみました。

まず、トランスアジア空港にある成田空港第2ターミナルに向かっていきましょう。

f:id:myhitachi:20160516230055j:plain

f:id:myhitachi:20160516230034j:plain

奇跡なビジネスクラスへのアップグレード

元々エコノミークラスで予約を取って、搭乗予定でしたが、チェックインカウンターでなんと8,000円を支払えば、ビジネスクラスへのアップグレードしてくれると言われ、即アップグレードしてみました。

※当日の為替レートにより、アップグレードの値段が変わる場合があります。

通常購入チケットよりはダントツ割安だし、このチャンスを逃れてしまうと、一生後悔するかもしれないと思って。。実は、私は、ビジネスクラスの利用が人生初めてで、本当に興奮しました!

■ビジネスチェックイン

■ビジネス専用のセキュリティレーン

■ビジネスラウンジ

■ビジネス優先搭乗

■ビジネス優先荷物受取

などなど、諸々プレミアム感がたっぷりした体験と感じました。

トランスアジア航空の成田空港にあるラウンジ

まず、ビジネス専用のラウンジですが、成田空港の場合、トランスアジア航空専用のラウンジが無く、なぜか、台湾の中華航空貴賓室(チャイナエアラインのラウンジ)となっています。

f:id:myhitachi:20160516230033j:plain

ここを降りると、綺麗な入り口が見えます。スカイチームメンバーズのラウンジみたいですよ、中華航空さんが。笑

f:id:myhitachi:20160516230035j:plain

f:id:myhitachi:20160516230036j:plain

さて、ラウンジに入ってみると、

f:id:myhitachi:20160516230037j:plain

快適な席で、雰囲気も穏やか、落ち着くのはビジネスラウンジならでのは特徴です。

f:id:myhitachi:20160516230038j:plain

雑誌や新聞なども充実に読めます。

f:id:myhitachi:20160516230039j:plain

こちらは、フードコーナーです。ソフトドリンク、ワインなどのお酒。ケーキ、柿の種、チーズなど豊富な食べ物。ここに入れる一つの狙いは、ここかもしれませんね。笑

f:id:myhitachi:20160516230043j:plain

とりあえず、ラウンジの食事を楽しませていただきました。

f:id:myhitachi:20160516230040j:plain

楽しんで30分ぐらいで、もうそろそろ登場時間の締め切りになるところ。やはり至福の時間は、いつも短い気がしますね。

では、登場口へ急ぐ、。。

 

続いて、ビジネス優先搭乗され、優越感がやはり半端ないですね。エコノミーのみなさん、先に入ってきます!うふふふ

f:id:myhitachi:20160516230042j:plain

さあ、ここからいわゆる運命の分かれ道です。

ビジネスクラスの室内

危なく、右を行くところでした。私はもうビジネスだと、まだ夢のようでしたね。これはさすがに慣れてませんね、この贅沢なビジネスクラス。

f:id:myhitachi:20160516230044j:plain

そして、ビジネスクラスはこういう世界です。ようこそビジネスクラスへ!素敵な座席。スリッパーも付いています。ヘッドホンも上品。寝心地も最高です!

f:id:myhitachi:20160516230059j:plain

ディスプレイも大きいね、

f:id:myhitachi:20160516230048j:plain

ビジネスクラスの食事体験

とりあえず、ウェルコムドリンクは、シャンパンにしました。ちなみに、これは、初めて知ったビジネスクラスのサービスです。

f:id:myhitachi:20160516230045j:plain

それでは、かんぱーい!酔いながらの出発はなかなか良い気分でした。

飛んでしばらく、CAさんが機内食のメニューを持ってくれました。え?メニューもあるんだと、驚きました。

f:id:myhitachi:20160516230046j:plain

f:id:myhitachi:20160516230047j:plain

そうしたら、注文した料理が来ましたっ!

f:id:myhitachi:20160516230050j:plain

え?これは機内食?ビジネスクラスは本当にすごい!ハーゲンダッツもある!どれも美味しかったです。もちろんエコノミー機内食と比べる食感です。笑

あ、1個クレームがあります。最初、着席したら、おしぼりをくれました。とても良いサービスと思いきや、なんと、このおしぼりはアツアツで、素手で触らないぐらいの熱さでした。なんだよ、トランスアジアさん!と、プンプン!!

f:id:myhitachi:20160516230051j:plain

ビジネスクラス席の窓から一望

気持ちを改めて、雲上の空中を一眼にしてみて、いつもよりずっと綺麗な空でした。気のせいかもしれませんが、このビジネスクラスが乗っているからこそ、いつもと違う気分になっているわけですね。笑

f:id:myhitachi:20160516230058j:plain

食後は、大好きなミニオンズを観賞してみました!わーい。日本の映画館で観る時間がなく、まさか飛行機内で観れるなんて、幸せでいっぱいです。

f:id:myhitachi:20160516230049j:plain

台北桃園空港に到着

それから、約3時間後、

f:id:myhitachi:20160516230052j:plain

台北の「桃園国際空港」に到着!実は、ここの昔、この空港の名前は、「蒋介石国際空港」と呼ばれていました。なんだか、歴史や政治の匂いが。。まあいいかと。。

飛行機を降りると、ビジネスクラス優先出口みたいな文字が?違うかな。。

f:id:myhitachi:20160516230053j:plain

これで、トランスアジア航空、ビジネスクラス搭乗の初体験が終わり!本当に楽しかったです。実は今年の9月は、エバー航空のビジネスクラスを予約しおきました。その時、またレポートをお届けします! 

と、終わる前に、実は、桃園国際空港では、トランスアジア航空のビジネスラウンジが存在しています。

f:id:myhitachi:20160516230056j:plain

ここも快適で最高でしたよ!

でももうトランスアジア航空(復興航空)がすでに解散決定となりましたので、こちらのビジネスクラス搭乗記も伝説や思い出になりますね。悲しいです!

 

参考記事